柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

子供を亡くしたお母さんに・・・

2008年08月13日 | 不思議
赤ちゃんの死は、お葬式を手伝う私達にも辛いものです。
赤ちゃんに限らず、子供の死は本当にお気の毒です。

お母さんになんて声をかけたらいいのか・・・・
なんて慰めたらいいのか・・・・

おそらく、周囲の皆さんも同じ思いだと思います。

流産、死産・・・・
生まれてからの死、病死、事故死、自死・・・・

どの死も、家族にとっては悲しみの大きに違いなどありません。

お葬式の後に、家族の迎えた悲嘆に接する時
何も言えない自分に無力さを痛感してしまいます。

子や孫を亡くした時「出来ることなら、自分が変わってあげたい」という
言葉を聞くたびに、
何で、こんな小さな子が命を終えなければならないのか?
神様は、何でこんな苦しみを与えるのか?
と、考えました。


子供たちの語った「胎内記憶」を知り、なんとなく解った気がしてきました。

赤ちゃんは自分の使命を自分で決めて生まれてくる・・・というのです。
「どんな苦境にも負けない人生を送ろう」とか
「人の愛情を一杯受ける人生を送ろう」とか
「仕事に専念する人生を送ろう」とか
「結婚せずに、世のために努めよう」とか
きっと、地球上の人の数だけの使命があるのでしょう。

同じように健康で生まれるか
障害を持って生まれるかも、決めてくるというのです。

自分が先に死んだり、障害を持って生まれても
その苦難を乗り越えられるお母さんや家族を選んでくるというのです。

そのお母さんもこの世に赤ちゃんとして生まれてくるときに
「子供を先に見送る運命」を選んできているかもしれません。

この世で受ける苦難をどうやって乗り越えていくか
それがあの世に戻った時の神様の判定になるというのです。

そうなんだ。
だから、人には計り知れない出来事が起こり
明らかに平等でない人生があるんだ。
死の時期も死に方も色々あって当たり前なんだ。

子供を亡くした人は
「私が悪かったのではないか?」と悩むけど
子供がすでに決めてきたことなのだ。
だから、お母さんは自分を責めちゃダメなんだ。


池川先生の「胎内記憶」の事を知って
私の中で、そう考える事が出来ました。


地球上にはたくさんの宗教があるけれど
多少の違いはあっても、この世は修行の場であるというのは
共通する所があるのではないでしょうか。

子供を亡くしたお母さんにこの話しをしても
すぐには慰めにはならないでしょう。
納得もしづらいでしょう。
お母さんの悲しみは除く事は出来ないし
代わってあげることも出来ません。

でも、記憶を持った子供たちは
「使命を果たして帰った子は
お母さんのそばにきて、いつも気遣っている」とも言っています。

「使命を持って、お母さんを選んで、生まれた赤ちゃんは
あの世へ帰る日も決めてきたけど、帰ってからも親子の絆は切れないそうよ。
いつもお母さんを見守っているんですって」


赤ちゃんや子供を亡くしたお母さんに
いつかこの話をしてあげたいな・・・と
思っています。








コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 子供は親を選んで生まれてく... | トップ | オリンピックですね »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
子ども (R)
2009-11-25 11:08:28
先月二女を亡くしました。
3ヶ月でした。
自分を責める日々を過ごしていますが、少し暖かい気持ちになれました。
ありがとうございます。
切ない思い (miki)
2012-07-13 11:04:46
私は18歳から25歳まで葬祭業で働いていました。25の時子供を新生児仮死で産まれてすぐに亡くしました。それから仕事復帰しましたがやっぱり辛く辞めてしまいました。今まで人を見送る事を仕事とし私の使命と思いまっとうしてきましたが・・・自分の子を見送る事は本当に張り裂ける思いでした。またいつか葬儀の仕事をする機会があれば遺族の方の気持ちが痛いほどわかると思います。

コメントを投稿

不思議」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事