柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

魂って、ありますか?

2008年05月24日 | 不思議
みなさん、死ぬことって想像が出来ますか?

小学生の低学年の頃ですが、
急に、私はいつか死ぬんだって、気がついた。
周りの大人に話したら、「当たり前でしょ!」って言われたけど。
私にしてみたら、コレは大発見だったんですよ。
たしか、死ぬことに気がついて、チョット、ドキドキした気がする。

4歳年上のいとこが12歳で亡くなり、祖父や祖母が亡くなり
小学校の同級生が交通事故でなくなり、皆、死んだら全てが無になる・・・と思ってました。

体が無くなるのは、全て、なくなる事だって。

でも、不思議なのは、お墓参りにいくと
ちゃんと心の中で、「おじいちゃんお久しぶりです」なんていってましたね。

多分、皆さんも、同じような感覚を持ってませんか?

いつからでしょうか?
なんとなく「想い」というか「魂」があるかな・・・と感じ始めて。

心霊写真とか、宣保愛子さんとかが盛んにテレビに出るようになって
やっぱり、魂があるんじゃないの???って
単純ですかね。

そう思ったら、お墓とか、死んだ人のそばは、恐怖心がありました。
魂=幽霊って思ってましたから。

でも、人を送るようになって
数年立つと、それが変わってきました。


初めは、家族の方が喜んでくださるので
ご故人の着替えや髭剃りを一生懸命しましたけど

すぐに、「もしかしたら、この方が私達を見ているのではないか」と
考えるようになりました。

理由は?
なんとなくです。


何百人もの、お葬式に携わってきて
そう考えるようになったのです。

体は、動かないし、明らかに死んでいますが
このかたの想いというか、心というか、想念というか
とにかく、そんな物があるような気がするんですね。

答えにならなくっても、いいんです。
私がそう感じて、この方を大事にしなくっちゃ!
と感じたのですから。

でも、そう感じると、
全てがいい加減に出来なくなります。

焼香台1つを作るのも、この方らしさを
どうしたら、出せるだろう?
ご親族が、焼香にこられて、
台の上に、故人が愛用していた、一品があったら、
「アラ、コレは、あの人」って思い出してくれるかな・・

そんなことを、随所で考えるようになりました。
結局、故人を大切にすると、家族に喜んでいただけるんです。

「故人を大事にして」との言いつけを守ってくれるスタッフは
やがて、同じような気持ちを持つようになります。

仕事は強制できても、気持ちまでは出来ないのに
不思議とおなじ思いを持ってくれます。
私はそれが有難いんですね。感謝なんです。
(全員じゃないですよ。中には否定する人もいますよ。)


私達の仕事は、お葬式を間違いなく追行するだけではないんです。

きれいに、お辞儀が出来る、焼香のご案内が出来る。
愛用品を飾る、メモリアルビデオを流す
流暢に司会をする、泣かせるナレーションや演出がある。

そこだけ、ノウハウがあっても、ダメじゃないですかね。

私達は、人の死を扱ってる仕事。
死はどういうものか?
葬式は何の為にするのか?
そこでの、我々の役目は何か?

コレを考えてないと、ただ流行を
追っかけているだけの仕事しか出来なくなっちゃう。


私に、ここを気付かせてくれたのは
多分、多くの故人の方達ですね。

みなさんとお付き合いしてきて、良かったです。










ジャンル:
スキル
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 忘れられない人 | トップ | 葬儀理念が命です »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
不思議な世界 (バンビーノ)
2008-05-25 15:15:25
わかります。

私、亡くなった方のいる部屋に入るとき、失礼します。と言い、お辞儀をして出るときは失礼しました。と言い、ドアが閉まるまで、どきどきします。

たぶん、 見ていると思います。上からじっと・・・

怖くはないのですが。

亡くなるって、いなくなるわけではないのですね。この世から。

いつもそばにいるわけではないけど、守られていると思います。亡くなった母や姉に。
そう思うし、そう信じたいので、魂の世界あると思ってます。
じゃないと、一人で乗り切れない世の中ですから
・・・
臨死研究 (カメラ小僧)
2016-02-18 20:46:11
臨死体験者を研究した人によると、
「闇と光と安らぎ」
この三つは、人種、宗教、教育水準など超え、共通するそうです。
その結論から、「心の準備ぐらいはしておきなさい。」
ということでした。

コメントを投稿

不思議」カテゴリの最新記事