『向上心』

向上心があるから楽しい!
向上心が僕の好奇心であり、好奇心がまた向上心をさらに膨らませてくれてます。

ミスをする時。

2018-11-11 23:51:19 | 春日丘
こんにちは!柴田圭ですっ。

今日は春日丘へコーチに行って来ました!


今日はコートに顧問がいませんでしたが、僕が行くと良い練習をしてましたっ。

今年の学年はテニスに対しての意識と目標の高い選手が多くて、顧問の有無にかかわらず自分たちの為に練習する、という気持ちが伝わって来ます。


今日、試合になると相手は余裕があるのに、自分は余裕がなくてあしらわれてしまう、という相談を受けたので、その部分に時間を割いて練習をしました。

まずは学年が固まらないように3人ずつのグループに分けて、

"どういう時にポイントを取っていて、どういう時に落としているか"

について話し合う時間を作り発表してもらいました。




テニスって、ある程度のレベルになると、

決めてやろう!とか、走らせてやろう!とか、何かしようとした時にミスが出ます。

何もアクションをしないで打ち合っている時は、相手に何かされた時以外はミスが出にくいものです。



ポイントを取りに行く時か、相手がポイントを取りに来た時にミスが生まれる確率が高くなります。


ですので、今日は自分からコレは行ける!と言う時以外は、相手に合わせてその相手が攻めて来ない返球を見つけて、自分からポイントを取りに行くプレーではなく、まずはポイントを落とさないプレーをテーマに練習しました。

みんな、最低限、"このぐらいのショットを打っておけば、こういうショットで返しておけば、攻められない"という物を見つけて、ポイントを落とさないプレーをできるようにしていけば、もっと試合での余裕も安定感も出て来ると思います!
コメント

フットワーク。

2018-10-27 23:55:42 | 春日丘
こんにちは!柴田圭ですっ。

今日は春日丘のコーチへ行って来ましたっ!


今日は中学生の学校説明会だったので、中学生が何人も練習に来ていて新鮮な感じでした。

最近ずっとツクルでプレーのレベルを上げるためにテーマとしてやって来ているフットワークを春日丘でもテーマとして渡して来ました。


テニスのレベルって、打つ技術のように感じる方が多いと思いますが、実際テニスのレベルはフットワークです。

フットワーク、というと足の速さ、コートカバーリング、という印象が強いかもしれませんが、もちろんコートカバーリングも大きな要素ですが、

一番はワンショットワンショットにおいてどれだけ良い状態が作れるか、です。


フットワークが悪くて悪い打点で打っている選手は、球威も出にくいですし、打つコースも限定され読まれやすい、そしてミスしやすい。

テニスは攻めても守っても相手に主導権を渡さないようにしないといけないスポーツです。

ですので、どんなプレースタイルだろうと、ショットスピードだろうと球種だろうと、どんなポジションだろうと、常に攻め(強いショット、エースを取る、という概念では無く主導権を自分が取るという意味で)ている事が強くなる上では必要になって来ます。


それをするのはフットワークです。


ほんの少しでも余裕があれば、小さくワンステップでも前にステップインする。

攻められデフェンスになっても最後に斜め前に切れ込んで行く。

こういう10センチ20センチのフットワークが大きくパフォーマンスを変えて行くんです。


この冬で、ツクルも春日丘もそこを強化して行きたい!


ある程度しっかりラリーができるようになって来たので、これからは、どれだけ良いショットが打てるか?より、

どういう状態で打つ事ができるか?が大きく彼らのパフォーマンスを変えて行くことになるので。


ヤル気の高いチームなのでこれからが楽しみです☆
コメント

テーマ。

2018-10-08 23:59:42 | 春日丘
こんにちは!柴田圭ですっ。

今日は春日丘のコーチへ行って来ました。


これから日照時間の関係で練習量が少なくなって行くので、夏の練習量で培った自分のプレーを、これからはテーマや課題をしっかり絞って向上させて行く事が必要になります。


今回、全体的に伝えて来た課題が

"打った直後の構えの速さ"


テニスって、飛んでくるボールに向かっては全力で走りやすいですが、打った後は意識しないと疎かになりやすいです。

ですので、この時期に打ったら速く構える。

速く早く構える!

これを体に覚えさせておけるかどうかがラリー全般の余裕や高いレベルの選手と対戦した時の抵抗力において大きなプラスになって来ます。


あとは選手それぞれの意識ですが、意識の高い選手が伸びるように春日丘へはコーチへ行く度に課題やテーマを置いて来るようにしています。

また次に行く時が楽しみです☆
コメント

団体戦の敗因とこれから。

2018-09-24 08:33:59 | 春日丘
おはようございます!柴田圭ですっ。

昨日は文章だけ書いてバタバタして更新を忘れて寝てしまいました( ̄▽ ̄)笑


一昨日は感動したのでその感じたことを書いて終わりましたが、今日はちょっとコーチ目線から団体戦を振り返ってみると、

春日丘の今回の敗因は明らかにメンタル面でした。

ゲームポイントを取って気持ちや集中力がブレてイージーな凡ミスをしたり粘り切れなかったり、流れが来てるところで同じような形で流れを手放してしまったり、

一番集中力を上げなくてはいけないところで集中力を落としてしまうケースがとても多かったです。


そこで気持ちをしっかり作って集中力を高めてプレーに入れるかどうかが大きく勝敗を左右します。

(これはジュニアの試合を見ていても思いますが、"強い"と言われる選手はそれが出来ていて、あまり勝てていない選手はメンタルと集中力が乱れるだけで、勝ててないけどテニスの上手い選手はたくさんいる)

特に勝った拓も含めてシングルスの3人はその要素を伸ばしていければもっともっと強くなります。


自分がここは絶対に取りたい!というところでどのような気持ちを作れるか、これはどういう考え方をして自分をコントロールするか、ですので

このメンタル部分をどう伸ばすが、これからの一平と僕のテーマにしてカウンセリングをしたりメニュー作りをしたりしていこうと思います!
コメント

春日丘団体戦 県大会

2018-09-22 23:57:19 | 春日丘
こんにちは!柴田圭ですっ。

今日は雨も止み朝から春日丘高校の団体戦、県大会でしたっ。




1回戦が安城南高校に4-1で勝ち、2回戦で第4シードの桜丘高校に2-3で惜しくも破れ県大会ベスト8ならずでした。




桜丘戦は本当に大接戦で

シングルス1の拓がこれまで中学時代から勝った事のない同年代の選手に6-4で勝ち


(気迫溢れるナンバー1に相応しい試合でした!)

ダブルス1の森・五十川ペアが上手く流れに乗れず3-6


(でもこの2人はペア歴が短くまだ動きが合わない部分もある中、名電に勝ちましたし本当にガンバったダブルスです!)

シングルス2の唯一1回戦で良いプレーができずに破れた西山は気持ちを立て直し良くガンバりましたが、競った流れを自分に引き寄せられず3-6


(優しく気の強い子じゃありませんが一生懸命最後まで戦いました)

ダブルス2の岩城・土居ペアは実質ナンバー1ダブルスで危なげなく6-2。


(今大会はたしか市邨戦は打ち切りだったので負けなしだったと思います)

最後にシングルス3の丹下はベンチのアドバイスを上手く生かしスライスを多用して粘りまくりましたが、惜しくも5-7でした。


(最後は両選手脚を攣る2時間に及ぶ大接戦で何度もマッチポイントを凌いで本当に良くガンバりました!)


ベンチコーチの小島と神戸も僕にずっと付いて試合の流れや相手のデータの取り方、そこからの作戦の立て方などを聞いて、ベンチコーチに入り、良い形で試合を動かしてチームの勝利に大きな貢献をしましたし、とても良い勉強になったと思いますっ。



応援も監督の一平も本当にみんな声枯れがれで、チーム一丸となって凄いエネルギーを生み出した過去最高の試合になりました。







最後に写真を撮る時に大半の選手が号泣で応援していたメンバーも涙していてなかなか写真が撮れない、という事が起きました。

これで引退というワケではないし、相手は県大会ベスト4常連校の第4シード、なのにこれだけ悔しんで涙する彼らの県大会でベスト4以上へ行くんだ!という強い想いと、これからの可能性の大きさを感じます。


勝つことより彼らに取って価値のあるものはないのかもしれないですが、勝つ事より価値のあるものを見せてもらえたと僕は思います。



とても惜しかったですが、本当にみんなガンバったと思います!




みんな、来年のインターハイ予選は絶対にベスト4入ろうなっ!!!
コメント

明日の県大会へ向けて。

2018-09-21 23:53:11 | 春日丘
こんにちは!柴田圭ですっ。

今日は燦萄のみのツクルの練習の後、ダッシュで東山で練習していた春日丘の練習へ。


明日の団体戦県大会へ向けて合宿から含めて少しプレーの幅を広げる事が出来たかな、と思います。

今、春日丘は良いモティベーションと雰囲気があって面白い。

チーム内でライバル心や自分がのし上がりたいエネルギーを出してくる反面、チームで力を合わせて助け合うエネルギーもしっかりと持っていてチームとして良い感じでまとまっている。


明日はシードが付かなかったので、1回戦を勝つと2回戦で第4シードの桜丘高校、桜丘高校に勝つとまた愛工大名電、という事ドロー。

秋の新人戦は2複3単の5本制、春日丘は3年連続ベスト8進出している相性の良い大会です。

厳しいドローですが、可能性はあると思うのでたのしみです☆
コメント

春日丘団体戦 地区予選②

2018-09-09 23:31:13 | 春日丘
こんにちは!柴田圭ですっ。

今日は名北地区予選、準決勝からでした。




結果は

準決勝 市邨 0-3
3位決 名電 2-3




名電戦はとても良い気持ちのノリとプレーでしたが惜しくも敗退っ。



ダブルスを2本取り、シングルス1の拓が以前ツクルに来てくれていた悠太と対戦し、4-1、5-3、とリードしましたが流れを掴みきれず最後は悠太に押し切られました。





春日丘のいる名北地区は僕の頃から名古屋学院(現 名古屋)と名電、東海がいてダントツで強い地区でしたが、今ではそこに市邨が加わったので更にレベルが高くなっています。

そんなところに従兄弟の一平が顧問になり春日丘テニス部に携わりはじめて5年ちょっと、



今では名古屋、市邨が予選免除の春大会では名電に勝って優勝し、今大会もベスト4にはいり、名古屋、市邨、に次ぐ名電と勝つか負けるかを競うようになり、この4強に食い込むようになって来ましたっ。


残念ながら3位にはなれませんでしたが、本当に選手も応援もファイトしましたし、多くの事に気付いた名北地区予選になったと思います!



みんな、県大会までにもうひとレベルプレーを上げて上を目指してガンバろうぜっ!!!
コメント

春日丘団体戦 地区予選①

2018-09-08 20:44:50 | 春日丘
こんにちは!柴田圭ですっ。

今日から高校の秋の新人戦がはじまりました。



秋の新人戦は2複3単、ダブルス2本、シングルス3本、の5本マッチで競われます。


今日はクレーコート(土のコート)の旭丘高校会場で試合でしたが、昨晩から今朝にかけてのコートコンディションが悪く、はじめは1面進行、途中で2面進行になり、午後から5面進行になり、

雨予報でしたが雨も降らずコートも乾き、今日の予定試合は無事終了できました。


結果は

1R 旭丘高校 5-0
2R 春日井工業高校 3-0
QF 愛知高校 3-0



で県大会出場が確定し、明日の準決勝、順位戦へと駒を進めましたっ。


QFの愛知高校戦はシングルスが、S1 6-5打切り、S2 6-4、S3 6-4、とかなりタイトな試合だったので結果ほど簡単に勝てワケではなく、とてもアツイ試合ばかりで面白かったです!




明日は強豪校との対戦になるので、今の春日丘がどれぐらい戦えるのか、楽しみに見たいと思います☆
コメント

春日丘×ツクル 夏合宿⑧

2018-08-31 23:59:35 | 春日丘
こんにちは!柴田圭ですっ。

今日は春日丘、通い合宿の最終日!



途中で雨が降りましたが、ほんの少しの中断で済み、8日間の合宿が無事終了しました!


今回の合宿のテーマは粘り強さ、だったので、心身共にハードだったと思いますが、達成型の練習も日に日に早くクリアするようになり、この1ヶ月ちょっとでとても良い変化を見せてくれましたっ。


テニスは相手コートに入った打球しかポイントにはならないスポーツです。

ですので、ポイントを取るためには相手コートへ入れる事が必要不可欠な最低条件になります。

そしてその中でよりポイントを取る確率を高める為に、ショット力、プレイスメント、テンポ、フェイント、球種、展開力、などなど色々な要素が加わって来ます。


それらの多要素を伸ばす為に、ハードヒットからの展開だったり、サーブやストロークからの組み立ての練習だったり、走らされた時の安定感を高める練習などなど、色々なメニューを行いましたっ。

もう来週末から地区予選の団体戦が始まりますので、それまでより明確に練習テーマを意識して練習して行ってもらいたいです!


みんな8日間&夏休みお疲れ様っ!

まずは県大会目指して、そして県大会で勝ち上がる事を目指してガンバろうっ☆
コメント

春日丘×ツクル 夏合宿⑦

2018-08-30 23:11:16 | 春日丘
こんにちは!柴田圭ですっ。

今日は春日丘通い合宿第3クール2日目!


今日も何人かの中学生が参加したので、良い刺激のある練習になりました。

何より、ナンバー1の拓がたのしそう。笑

今日は中学生にもやりたい事を聞きながら少しメニューを調整して行いました。


練習に来てくれた中学生が色々なメニューを練習できて楽しかったと言ってくれてたみたいで、春日丘で日常的になっていて普通の練習メニューになってますが、

春日丘やツクルの練習メニューは、これまで僕が選手として色々なプロ選手の人達と練習して来たメニューだったり、僕が必要だと思って作ったメニューなので、

他のクラブさんの練習内容は知りませんが、結構本格的なプレーヤー用のメニューなのかもしれないですね〜 笑


ですので、初心者、軟式上がり、軽い経験者、が中心の春日丘の選手には少し難易度が高いぐらいで、しっかりジュニアでプレーして来た選手にちょうど面白いぐらいのメニューなのかもしれません。笑

明日はまた練習のバリエーションを増やして行きたいと思います☆
コメント