序破急

片足棺桶に突っ込みながら劇団芝居屋を主宰している爺です。
主に芝居、時々暮らしの中の出来事を書きます。

悩ましきこと・・・

2020-07-12 19:50:48 | 演出家
いやはや悩ましいことです。

また我が劇団芝居屋の公演実現の夢が遠のきました。

それというのも、6月30日から7月5日まで公演していた新宿の劇場からクラスターの発生です。

これは小劇場公演を主体にしている劇団にとって由々しき事です。

この影響は大きいと言わざるを得ません。



徐々に発生状況の詳細が明らかになってきました。

対外的には演劇上演のガイドラインに沿った形をとっていた様ですが取っていたようですが、その実、役者同士の接し方や終演後のお客への対応はコロナ禍前と変わらない状態であったそうです。

明らかに手抜きであり、なめていたのでしよう。

こうなればクラスターを発生させた原因を徹底的に調べて、それを詳らか公開して貰いたいと思ってます。

それがこの時期に敢えて公演を催した側の責任の取り方です。



どんなことにも万全と言うことはありませんが、それを目指さなければ公演の実現は夢の又夢です。

対岸の火事ではなく、我が事と考えねばなりません。



それにしても参ったな・・・・

コメント   この記事についてブログを書く
« 父の日 | トップ | 老衰日記20 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

演出家」カテゴリの最新記事