訓練士のカナダDog Life

犬の訓練士がカナダから犬の話、愛犬達の話をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無事に終了

2005-12-31 | 柴犬親バカブログ
クリスマスが、無事に終了しました!

3日間に及ぶ、パーティー。義理の家族総勢12人が、朝・昼・晩と我が家で食事。料理は、義理の妹がシェフなので、全てやってくれましたが、毎回の食事の後の片付けもかなりの洗物。それでも、今までに一番楽しめたクリスマスでした。

一方クマ君は、と言うと・・・。朝から晩までワイワイ・ガヤガヤが、続いた我が家。神経質なクマは、ワサワサしているのが、あまり好きではないのですが、状況はまさにその通り・・・。大量のプレゼントが、持ち込まれ、また苦手な子供までもが、我が家に・・・。私は、かなりクマの事を心配していましたが、驚く事にクマは、警戒して皆に吠える事もなく、大人しかったです。いつも余り知らない人には、頭を撫でさせないクマ。大好きなおじいちゃんとおばあちゃん以外には、体を触らせません。他の人が、何気に触ろうとすると、逃げるクマ・・・。呼ばれても、絶対に近くに行きません。こう言うのは、あんまり可愛くないですね・・・。

平和なクリスマスにも、ちょとした事件が起きました。ワサワサしている状況でも、大人しかったクマですが、夜9時過ぎには、さすがにお疲れモード。もうイライラに変わっていたのでしょうね。一日休む暇が、なかったので・・・。7歳の甥っ子は、クマを恐れています。それを良い事に、私達が見ていない時、たまたまクマと7歳の甥っ子が、部屋に2人っきりになってしまいました・・・。そして、お疲れモードのクマと、お疲れモードの7歳児。7歳児が逃げるので、追いかけるクマ。結局クマに部屋の隅へ追い込まれたと大泣き・・・。

そして25日のクリスマスの日も、昼間は大人しかったクマですが、夜9時過ぎには、疲れが最高潮!神経ピリピリの状態に、生後9ヶ月のシェルティー(おじいちゃんの犬)が、遊ぼうとしつこい。とうとう、クマはウーと唸り始め、結構本気で怒っている様子・・・。私はクマが怒っている顔を見て、すぐにクマを寝室に連れて行き、寝かせました。クマは、もう一杯一杯だったのでしょう。なんせ、朝から晩までワイワイしていたので、昼寝する時間もなかったですからね。

皆さんのクリスマスは、如何でしたか?


コメント

Merry Christmas

2005-12-25 | 柴犬親バカブログ
バンクーバーは、今日がクリスマス イブ。日本は、クリスマス当日ですよね。

今年のクリスマスは、義理の家族全員が、我が家に集まり、イブとクリスマス当日、ワイワイする事になっています。これから、ターキーを焼きますが、シェフの義理の妹が、家族を連れて、3日間泊まりに来ているので、お料理は任せます!

今うちには、山盛りのプレゼントと、食べ物が家の中にあります。食べ過ぎないように、気をつけないと・・・。クマは、沢山の人とプレゼントに囲まれ、ストレスフルなクリスマスかと思いきや、結構平気みたいです。良かった。

クリスマスが終わったら、またゆっくり日記をアップします。

それでは、皆さん楽しいクリスマスをお過ごし下さい!
コメント (1)

他の犬に対する攻撃性

2005-12-23 | 訓練
先日私の師匠が教える飼い主さんと愛犬のお教室がありました。
私は、アシスタントとしてお仕事をして来ましたが、このお教室が、凄いのです。

何が凄いかと言うと、このクラスは成犬の為のクラスなのですが、参加犬の6匹中4匹が、他の犬に対する攻撃性を持っています。 他の犬に対する攻撃性と言うのは、犬を見ると喧嘩を売り、ガウガウ牙をむいて、襲いかかろうとする事です。結構この問題を抱えている飼い主さんは、多いですね。

普段は、他の犬のいる場所を避け、お散歩もおっかなびっくりな飼い主さん達ですが、お教室では、グループ レッスンでわざと他の犬と一緒の状況にさせて訓練をし、犬が攻撃性を見せた時、どう対応するか?の指導をして行きます。

クラスが始まってから、誰かが誰かにガンを飛ばし、ガウガウ言い合う事が数回ありましたが、なんと後半は、皆大人しく訓練していました。お互い結構、至近距離にいるのですが、どの子も気にしていない様子。ガウガウ言う事無く、お教室が静かなのです!

訓練の威力の凄さを再確認した私です。
コメント (11)

サンタさんとの写真でシェルター犬を助ける!

2005-12-22 | バンクーバー犬事情
こんにちは。もうこちらは、すっかりクリスマス気分です。町は、何処も大賑わい。クリスマス プレゼントのお買い物に大忙しです。

12月初めに、必ず行き付けのペット ショップで行われるのが、「サンタさんと愛犬の写真を撮ろう~!」です。一見「カナダ人ってアホか?親ばか炸裂行為だよ・・・」と思われるかも知れませんが、これがなんと実は、シェルターにいる「飼い主さんの居ない犬達や猫達」へのお金集めなのです!

開催場所になるペット ショップも、写真を撮る人も、サンタさんも皆が、み~んな!ボランティア。写真を撮ってもらう為に飼い主さんが払うお金も、寄付で最低$5(500円)から。最後集まった全てのお金が、シェルターへ寄付されます。デジタル カメラで取るので、写真が出来ると、CDまでくれるんですよ~!親切ですよね。

しかし今年はなぜか、うちの近所は同じ日に3軒!いつもは、サンタさん写真をはしごする事もある私ですが、なんとその日は、用事がって、シアトルへ・・・。サンタさんの写真が1枚も撮れませんでした・・・。かなりのショック。 1年間これを楽しみにしていたのに、今年は撮り損ねました。あー残念。トップの写真は、2002年の写真です。

全ての犬達に、心温まるクリスマスが、訪れますように~!

コメント

クマの寝床・・・

2005-12-20 | 柴犬親バカブログ
うちのクマのベッド(犬用のベッド)は、私達の寝室にあるベッド(人間用)の隣に置いてあります。夜は、大体自分のベッドの中で寝るクマですが、クマには夜の寝床のローテーションがあります。

自分のベッドの時もあれば、リビングのソファーの上だったり、地下室のソファーだったりと、周期ごとに場所を変えている様子。 私達のベッドには、ほとんど上がって来ません。禁止している訳ではないのですがね。

今は、自分のベッドで寝る気分らしく、毎晩ベッドに入って寝ているクマですが、昨夜は自分のベッドの脇で丸くなって寝ていました。「なんでこんな所で寝ているのかな?」と思い見ると、クマのベッドの中に敷いているクションやタオルが、少々乱れていました。これが気に入らないのかな?と、直してやると、さっさとベッドに入って、寝ました・・・。

クマ君へ一言。ママは、クマ君のベッド メイキング係ですか?!


コメント (11)

Dog Walkerさん達!

2005-12-19 | バンクーバー犬事情
ここには、Dog Walkerと言って、散歩代行のビジネスが、沢山あります。ほとんどのビジネスが、ただの散歩ではなく、山の中やハイキング コースへ犬達を連れて行き、運動をさせています。私が住んでいる場所は、自然が多く、ハイキング コースもいたる所にある為、周りの地域から、犬達を車のバンに大量に載せたDog Walker達が、集まって来ます。

昨日クマと近くにあるハイキング コースを散歩していました。すると遠くから、数匹の犬達が走っている姿が見えました。しかし、だんだんとその犬の数が増えていき、結構な数の犬達が遊んでいます。よーく見ると人間は、なんと1人・・・。走りまわっている犬達を数えて見ると、8匹!!

1人のハンドラーに対して、オフ リードの犬達が、8匹もいます! 恐ろしすぎて、そそくさとクマと逃げるように方向転換しました。 一体どうやって、1人で8匹のオフ リードの犬達をコントロールするのでしょうか?危険性を感じないところが、怖すぎます。

オフ リードが許可されている場所にも、攻撃性を持った子は、散歩に来ます。攻撃性を持つ子は、オフ リード許可の場所に、散歩に来てはいけないと言う条例はありません。こう言う子は、リードをつけている事が、ほとんどです。オフ リードの場所で、リードをつけている子がいれば、近寄らせないのが、マナーです。それなのに、連れている犬が8匹もいたら、コントロール出来るのでしょうか?今まで事故が起こらなかったのが、ラッキーだと思います。

私の住む地域では、市が1人のハンドラーに対して、オフ リードは3匹までと言う条例があります。しかし、残念な事にほとんどの散歩代行のビジネスが、それを無視しています。私が、市に名乗り出て、ボランティアとして、取締りたいくらいです。

この1人対8匹の様子をクマと影から伺っていました。向こうからは、気づかれない様にです・・・。するとジョギングしている人が、この軍団とすれ違いました。1匹が追いかけようとしたのを見て、ハンドラーは、慌てて呼び、クッキーの袋を出しました!!!!そして、見事に8匹全員が、集まって来ました。誰かとすれ違う度に、クッキーを出して、集合させているようです。散歩の終わりかけには、すれ違いたくないですね・・・。犬達のお腹がいっぱいになっていそうだから・・・。

仕事帰りにまた散歩をしていたら、今度は1人対5匹に会いました。今度は、1本道だったので、逃げる場所がありません。仕方なくすれ違う事に。私はクマに10mのトラッキング用のリードをつけていたので、ちょっとハンドラーさんは、どれだけオ フリードにしている5匹の犬のコントロールが出来るのか?を試そうと思い、まるでクマが攻撃性を持っている犬かのように、わざと慌ててクマのリードを短くし、クマに他の犬と接触しないように指示しました。

私の態度を見たハンドラーさんは、慌てふためいていました。クッキーをあげるのが早すぎたのです。クマにリードがついているのを見た時点で、犬達を呼び戻し、クッキーをあげました。しかし、すれ違う時には、既に何匹かがクッキーを食べ終えて、クマに向かって来たのです・・・。犬がクマに向かって来ても、私はクマに「つけ」で、他の犬に接触しないように指示しました。ハンドラーさんは、案の序近づいて来る犬達をコントロールする事が、出来ませんでした・・・。まーこれがクマだったから良いものの、本当に攻撃性を持った犬がいたら、どうなっていたのでしょうか?想像すると怖いですね・・・。ハンドラーさんが、少し危機感を持ってくれれば、幸いです。

ちなみに、この道は、乗馬している人達も通ります・・・。犬が威嚇して、馬が驚き、乗っている人が落ちて、怪我をするという事が、あります。オフ リードの犬が8匹に対してハンドラーが1人、そして犬をコントロールするのがクッキーでは、そう事故は、確実に起きますね。出会った馬とクッキーのどっちが犬にとって魅力的なのか?、また馬が見えなくなるまでに、クッキーを食べ終えてしまった場合は、どうするのでしょうか?誰も怪我をしないうちに、取締りが厳しくなることを願います。

私の師匠は、先日1人のハンドラーに対して、オフ リードの犬達が15匹と言うのを、見たそうです。
コメント

我が家のクリスマス カード

2005-12-16 | 柴犬親バカブログ
我が家のクリスマス カードは、毎年クマの被り物です。これは、去年のカードに使ったクマです。可愛いと思いませんか? (親ばか炸裂!)

日本では、季節の挨拶は年賀状が多いですが、こちらではクリスマス カードを知り合いや親戚、お世話になった方達に送ります。そして、受け取ったクリスマス カードは、皆さん家の中に飾るのです。

今年もまた被り物を買って来てしまいました。早くカード用の写真を撮らねば・・・。いつもぎりぎりになってしまう私です。今年は、どんな表情をクマ君は、してくれるのかな?楽しみです。
コメント (5)

ようこそ!

2005-12-15 | 柴犬親バカブログ
初めまして。カナダで訓練士をしているヤスコと愛犬クマの犬プログへようこそ!親ばか炸裂な日記になると思いますが、ご了承下さい。

クマが我が家に来たのは、3年ぼど前。カナダでも犬を飼うなら絶対に柴犬!と決めていた私。カナダでの柴犬探しが始まりました。日本では数多い柴犬も、ここでは少数派。ブリーダーさんも数少なく、クマと出会うまでに1年以上かかりました。やっと待望の柴犬の子を迎え、私とクマとの生活(旦那もいるので3人家族です)が始まりました。

訓練士と言う職業柄、子犬育ての最中には、クマに期待し過ぎてしまう事や厳しくなってしまう事もありましたが、今では訓練の甲斐あって、とってもお利口さんな柴犬。お仕事には、一緒に出勤しています。

これから愛犬のクマの話、訓練士の仕事の話、カナダの犬事情などについて、書いて行きたいと思います。宜しくお願いします。

コメント (3)   トラックバック (1)