訓練士のカナダDog Life

犬の訓練士がカナダから犬の話、愛犬達の話をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2006-04-12 | バンクーバー
皆さんのブログで、桜の話題を良く見かけるように
なりました。桜の時期ですね~!どのブログにある桜の
写真も素敵ですが、今日はバンクーバーの桜も素敵なので
紹介したいと思います。

ここバンクーバーにも桜が咲いています~!とーっても綺麗です。




ピンクが濃い桜で、とっても綺麗です。




なんと言う桜なんでしょうかね?




こんな立派な桜の木もあります。




桜だ~!って当たり前前ですが・・・。




桜並木になっている所もあります。後ろに見える山の山頂には、
まだ雪が残っていますね・・・。


次は、とーっても珍しい桜をお見せします。
って、珍しくないのかな?私は、今まで日本では
見たことのない桜なのですが・・・・・・・。
皆さんは、見たことありますか?こんな桜を!




見えますか?なぜ私が、珍しいと言うのか?




アップでみるとこんな感じ。桜の花が、玉になっているのです!
可愛いと思いませんか?私は、勝手に名づけて「ボンボン桜」と
言っていますが、本当の名前は何のでしょうか?
なぜこんな風に咲くのでしょうかね?謎だらけですが、
とーっても可愛いと思います。私のお気に入りの桜です。


コメント (6)

雨が多いバンクーバー

2006-01-11 | バンクーバー
ここバンクーバーは、雨の多い所で「雨のバンクーバー」として有名です。どのくらい雨が降るかと言うと、夏と秋以外に、毎日雨が降っていても、何の不思議もありません。7月から10月の間は、バンクーバーに来るのに、ベストな時期です。それ以外は、雨が降る覚悟が、必要です。

犬と言えば、お散歩ですよね。うちのクマは、どんなに大雨でも、お散歩に行きたがります。濡れる事を気にしません。雨が激しくて、お目目が開いているのか?分からないくらい、細目になっていても、ルンルンでお散歩に行きます。それに付き合う私は、かなり大変です・・・。完全防水の体勢で行っても、全身ずぶ濡れになります。

クマには、カッパを着せていません。洋服が大嫌いで、着せると固まるか、壊れるか?(興奮状態で、走り回り、周りの声など耳に入らない状態)のどちらかです。クマ自身が濡れる事に対して平気なので、私も気にしていません。帰って来てから、拭きます。

クマは、どんなに雨が降っていても、庭に出たがります。そして、大雨の中、庭を巡回し、ビチョビチョになって、家の中に入って来ます。悪戯交じりの笑顔を見せながら、私が拭こうと近寄ると、尻尾をフリフリしながら、逃げ惑います。大運動会です。そして、クマが走り疲れた所を、捕まえ、ペーパータオルで水気を取ります。水気を取ったら、すぐに乾く毛に助かっています。

クマは、お母さんが黒柴、お父さんが茶柴でした。兄弟4人は、一匹が黒柴で、3匹が茶柴。クマは、普段は茶柴に見えますが、よーくみると、毛が2色なのです。面白いもので、顔などの毛は、先が茶で、根元は黒なのです。これが、濡れると黒い部分が、めだちます。私の師匠は、濡れて黒い毛が目立ち、黒っぽくなっているクマの顔を見て、「クマの顔が汚れているよ。どうしたの?」と聞きます。だ・か・ら「汚れているように見えますが、濡れいてるだけです!」

でも、本当に汚れているように見えるのです。卒業したかつお君に、クマは良くからかわれましたね。濡れているクマを見ては、「クマ、汚れてるよ」って。だ・か・ら汚れてるんじゃないの!濡れているだけなの!




コメント (5)   トラックバック (1)