柴犬多頭飼い コクマチャ日記

コロクロ日記で07年に開設したブログ。13年にマロ、15年にチャロが来たので『コクマチャ日記』とタイトル変更しました。

コロの体と行動の変化 7 (七転八倒の夜)

2018-11-07 08:20:01 | シニアになったコロの体と心の変化 

コロへのコメントをたくさんありがとうございました。昨日の朝、クロの誕生日検診のときにコロも連れていきました。春頃から車に乗る時はボックスに座ってお出かけしていたコロですが、ボックスでは飛び出てしまうかもしれないのでクレートに入れることにしました。が、少し痙攣が起きていて、クレートに入れるのも大変でした。なんとか入れて獣医さんに到着。発作が起きていて足がクレートに引っかかったりして出すのもひと仕事でした。獣医さん内ではずっと抱っこ。足が立たないので診察台にのせるのも難しく、抱っこでの診察でした。その日の午前3時に1時間ほどクルクルしてからずっと眼振が止まらなくなっていました。

先生からは、突発性の前庭疾患だろうと言われました。左回りは脳腫瘍の可能性もあるとネットで見たという話をすると、必ずしもそうとは限らないと言われました。MRI検査で詳しく検査をして腫瘍についても調べることはできるけれど、みつかったとしても年齢的に手術にはリスクも大きいということで、前庭疾患の治療をすることになりました。3日連続のステロイド注射です。昨日はそのほかに抗生剤ともう1本(何か忘れました)の注射を打ちました。ステロイドは効果のある場合が多く、すっかり治ってしまう子もいるそうです。コロに効いてくれるかどうかはわかりませんが、とりあえずお願いすることにしました。

帰宅後、また1時間ほどクルクルまわり、そのあと少し落ち着いてから、お水を飲みフードも少し食べてくれました。夜、9時頃から10時45分くらいまでが大変でした。立ち上がることができないからか、高速の横転がずっと続きました。横転をはじめてすぐ、服がよじれてきたので脱がせました。

中のマットもむちゃくちゃになり、顔の上にのったりするので出しました。円形サークルは、コロの転げ回る勢いで動いてしまうため、サークルを押さえながら七転八倒しているコロを見て涙が止まりませんでした。横転しながら回り続け、少し止まってはハアハア。ものすごい体力だったと思います。そんなコロを見ながら、はじめはまだまだ生きていてほしいと思っていたのに、もう苦しませたくない、楽にさせてあげたい、こんな姿を見たくないと、私自身が苦しくなっていました。1時間45分近く高速横転が続き、そのあといったん静かになったときにコロをサークルから出し、スポイトで水を飲ませました。下の部屋に布団を敷き、コロを抱いて寝ることにしました。しばらくしてまた発作が起きそうになったのですが、コロが回ってしまわないよう全力で抱いていました。そのあと今朝4時頃まで、私もコロも寝ることができました。その後は発作が起きそうになったり、静かになったりを繰り返していましたが、静かになると息が止まってしまったのかと思うほどになっていました。眼振は続いていましたが、それが止まったときは落ち着いていて、見えているかどうかはわかりませんが、抱いているコロとを目をあわせ、心の中でいろんな思い出話をしました。

そのうち寝始めたので、布団にコロをねかせたまま、朝食の準備をしました。これは、息子が朝起きてきてコロの様子を見に来たときです。穏やかな顔をしています。このとき、少しフードを食べました。

あとで、また病院に連れていきます。

『犬』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« コロの体と行動の変化 6 ... | トップ | コロの体と行動の変化 8 ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とこのはは)
2018-11-07 12:59:43
ごめんなさい
コメント覧間違えました
もっちゃんへ! (あん)
2018-11-07 17:50:15
何をどう書いてよいのかわからずです。

今回は、、コロちゃんを思い、、このまま帰りますね。
(なんだかあずきを思い出してvいます~色々ありました)

もっちゃん、、がんばれ””」

コロちゃん、、薬が効くことを祈ってるよ~~~!!!!!
追加です! (あん)
2018-11-07 17:53:29
クロちゃん、、12才のお誕生日おめでとう!

明日だけど、、今日言っちゃうね!

12才のお嬢さん、、本当におめでとう!
コロちゃんをたのむね!!
Unknown (黒豆健太ママ)
2018-11-07 18:42:30
コロちゃん...
どうか症状が落ち着きますように。
Unknown (cherry)
2018-11-07 19:44:26
前回の記事に長々とコメントしてしまい、すみませんでした。
老犬の介護にはとても思い入れがあり…つい。

病院の先生がおっしゃるように、コロちゃんくらいの年齢になると脳の腫瘍が見つかっても手術するというわけにはなかなかいかず、対症療法をするしかないと言われるんですよね…。
ウチもまったく同じでした。
ステロイドは昔からカイカイを抑えるのに使っていたので、眼振がひどくなった時は少し増量したり、あとは麻酔のような頓服をシリンジで飲ませていました。
初めはとても罪悪感があったのですが、それが無ければ5時間でも6時間でも回り続けるので体力の消耗も心配でしたし、その薬のおかげで落ち着いてスースー寝られたので(後に睡眠薬も併用することになりましたが)ワンコのためにも良かったのではないかと思います。

激しくグルグル回ったり泣き叫んだりされると、こちらもどうしていいかわからずにうろたえるし、このまま死んでしまうのではないかと怖くなって何度も泣きながら抱っこしたり撫でたり…必死でした。
ですから、コロちゃんママさんのお気持ちが痛いくらいわかります…。
でも、他の内臓(特に心臓)に持病などなければ
「眼振では死なない!」と言い聞かせて乗り越えました。
そのうち、眼振にも慣れてしまって急に首が曲がり出したら「あ、始まったな」と、冷静にお薬を飲ませて様子を見られるようになりました。
でも今はとても怖いですよね…。
ブログでその気持ちを吐き出せば良いと思います。
もしかしたら何か少しでも役に立つことがあるかもしれないので、私のブログのURLを貼っておきますね。
すごく見にくいと思いますが、すみません。
https://ameblo.jp/misscherry-browny/
Unknown (かざふ)
2018-11-07 22:14:31
コロちゃんの件、コメント遅くなりすみません
コロちゃんと突発性ということは薬を飲むことによって
発作は収まってくるのでしょうか?
心配です
知り合いのわんこも前提疾患になりましたが
良くなりました
コロちゃんも良くなることを祈ります
Unknown (りくまま)
2018-11-08 12:35:07
コロちゃん、大丈夫でしょうか。
ママさんも、ご家族の皆さんも、クロマロチャロちゃん達も、心配でたまらないと思います。

どうかお薬が効いて症状が治まりますように、コロちゃんが少しでも穏やかに過ごせますように祈っています。

Unknown (とこのははさんへ)
2018-11-08 16:41:09
とこのははさん
花まるへのコメント、ありがとうございました。
Unknown (あんさんへ)
2018-11-08 16:49:16
あんさん
ありがとうございます。
あまりにも急なことで、私も驚いてしまい、コロが
横転し続けたときは、パニックになりそうでした。
今は冷静に様子を見ることができている気がします。
なんとか薬が効いてくれるといいなと思います。
Unknown (あんさんへ)
2018-11-08 16:52:10
あんさん
クロ、元気に12歳を迎えることができました。
クロはずっとコロのそばについています。
小さい頃から一緒にいるので心配なのでしょうね。
まだまだふたりでシニアライフを楽しめると
いいなと思います。

コメントを投稿