柴犬多頭飼い コクマチャ日記

コロクロ日記で07年に開設したブログ。13年にマロ、15年にチャロが来たので『コクマチャ日記』とタイトル変更しました。

コロ姉さんの一周忌 (コロちゃんへ)

2019-11-29 09:10:47 | コロ

コロとのお別れから一年がたちました。桜の木の下にいるコロのところに、ちょうど庭で満開になっているアメジストセージを供えました。アメジストセージの花言葉を調べてみたら『家族愛』と書いてありました。愛情たっぷりで妹たちに接してくれていたコロにピッタリな気がしました。

昨日の夜、パパと「明日で1年なんだね」と、いろいろな思い出話をしました。コロが亡くなる1週間前、獣医さんから連れて行くのは無理でしょうと言われつつ、もともと予定していた一泊旅に連れて行ったことを2人とも本当に良かったと思っていました。旅の間毎日のように起きていた大きな発作も起こさず、大好きな海では嬉しそうな顔をしてくれました。最後にコロにしてあげられた、一番のプレゼントになったと思います。

昨年11月突然くるくる歩き回り始め、シニアさんによくある「突発性の前庭疾患」との診断を受けました。その後、くるくる回って歩くのではなく、横になったまま体がその場で長時間回転してしまう状態になり脳腫瘍の可能性があると言われました。年齢的なこともあり腫瘍が見つかったとしても手術のリスクが大きいとのことで、ステロイド注射と薬で日々を過ごしていました。夜中に何時間も回転し続けていたコロ。首はうしろに曲がったままになってしまいました。13歳になっていて体力もなくハアハアが止まらないのに、脳の信号で体が回り続けている姿を見ているのはかわいそうで、なんとか止められないかと抱いていても、上半身だけは回り続けてしまう。そんな日々でした。最期は家族に見守られながら、腕の中で少し笑ったような顔で亡くなりました。やっと苦しみから解放されてよかったねと思う反面、悲しみが止まりませんでした。(亡くなる当日の朝のコロ)

お別れした日からしばらくは、涙腺が崩壊してしまったような日々が続きました。妹たちがいるぶん気は紛れていたと思いますが、コロのそばを離れないクロを見るのが悲しくて辛かったです。 (下の部屋にいても、すぐにひとりで2階に上がりコロの前に行っていたクロ)

でも、四十九日でひとつの心の区切りがついてように感じました。そして、ただ悲しかった日々から、今まで一緒に過ごしてきた毎日を優しい思い出として少しずつ受け入れられるようになりました。(四十九日 コロの前で寝ているクロ)

1年間は行こうと決めていた、毎月のお寺の動物供養の日。お寺の木や花で季節の移り変わりを感じながら、心の中でコロと会話していました。この日はまだ紅葉には早かったけれど、今はすっかり色づいていそうです。動物供養をしてくださるお坊さんは、その時々で違ったりしていますが、今月ははじめてお会いするお坊さんでした。ご自身もずっとペットを飼われていて、時には人間の家族以上に自分に近い存在だったとのことで「今日は心を込めておまいりさせていただきました」と言っていただき、ありがたく思いました。

この1年、月命日に記事を書いてきましたが、これからは記事としてはアップしていきません。でもずっと月命日にはコロと静かに向き合っていこうと思っています。(今朝、コロにお供えしたフォトブック→【こちら】)

 

 コロちゃんへ  

コロちゃん、あれから1年たちましたね。この1年で何ワンかのお友だちもお空に旅立ちました。お空は賑やかになってきて、みんなと楽しく遊んでいるのかな。でも、こちらはだんだん淋しくなってきます。

クロちゃんはチビーズからパワーをもらって、お庭で一緒に走り回ったり、お散歩にも頑張って行ってます。コロちゃんがいなくなってしばらくはコロちゃんのそばを離れなくて、もしかしたらそのままコロちゃんのところに行こうとしてるんじゃないかって思えてしまったよ。でもきっとコロちゃんが、「まだまだこっちに来るには早いよ」って言ってくれたんだよね。だからある日から突然、座り続けることはしなくなりました。この前、クロちゃんはコロちゃんと同じ13歳になりました。お誕生日検診ではいい結果が出てホッとしています。コロちゃんが迎えられなかった14歳目指して頑張ってほしいと思っているから、コロちゃんもお空から応援してね。

マロちゃんは、もしかしたらコロちゃんがいないことに気づいていないかも。そのくらい周りのいろんなことに興味を持って、毎日を楽しく過ごしています。そして6歳になってもハイパーマロッシーは健在です。コロちゃん、なんとかしてください(笑)クロちゃんもチャロちゃんも、マロちゃんの相手をするのが大変そう。でも、クロ・チャロちゃんはおとなしいから、マロちゃんのおかげで一緒に走り回って元気で過ごしていられるのかもしれないね。マロちゃんが健康でいてくれることはありがたくて、全然獣医さんのお世話にならないでいてくれます。これからも、ハイパーマロッシーを見守りつつ、時にはお空から「いいかげんにしなさい」って雷落としていいからねっ。

チャロちゃんは、はじめの頃はコロちゃんがいなくなったことに気がついていなかったみたいだけど、しばらくしてから淋しそうにするようになりました。赤ちゃんの頃から、コロちゃんのことをほんとのお母さんみたいに思っていたもんね。クロちゃんは親分だけどコロちゃんにしていたように甘えたり寄り添ったりできないみたいだし、マロちゃんはまぁあんな感じでお姉ちゃんというよりもただの暴れん坊でチャロちゃんが相手をしてあげてる感じだし。チャロちゃんが安心して慕うことのできていたのはコロちゃんだけだったもんね。ビビリもひどくなっているけど、なるべくみんなと一緒にお出かけして、少しずつでも人に慣れてくれるといいなと思っているよ。てんかん発作、少しずつ悪くなってきているみたいだから、抗てんかん薬を飲み始めたの。お薬が効いて発作が起こらなくなるといいなと思っているよ。コロちゃんも祈っていてね。


コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 緑化センターの紅葉 | トップ | 一周忌は海へ 1 »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (サスケと都の母)
2019-11-29 10:43:28
1年。

1度もお会いしたこともなく、ブログを一方的に拝読して
いるだけの私がどうしてここまでコロちゃんのことが
大好きなのか自分でも不思議です。

我が家のサスケが年明けに10歳、都は5月に8歳に
なります。
だからもう10年間、PCの起動と共にコクマチャブログを
チェックして・・・ストーカー並みですね

コロクロ日記の中でのコロちゃんの優しさに
心の底から感動しました。
おもちゃでもおやつでもクロちゃんの
「交換して~」に何度でも応じる姿は
正真正銘、お姉ちゃんでしたね。

控えめでおとなしいコロちゃんが海や川、
プールを前にすると驚くほど活発にはしゃぐ姿は
躍動感に溢れ惚れ惚れしました。
いつでもだれでも受け入れようとするチャロちゃんの
姿は本当に立派で大好きでした。

そんなチャロちゃんが苦しんだ11月はホントに
ホントに辛かったですね。
毎朝、祈る思いでPCを起動していました。
最後の海での笑顔からは想像出来ない程の
早過ぎるお別れでしたが沢山の愛情を注いで
くれたファミリーへ最後の力を振り絞って
「ありがとう」を伝えたのがあの笑顔だったと
思います。

今は苦しみから解放され、お耳も復活して
コクマチャ家から聞こえるみんなの声を聞きながら
ファミリーの無事を見守っているのでしょうね。



1度でいいから会いたかったな・・コロちゃん
コロちゃんは私のこと、全然知らないだろうけど
私は今までもこれからもずっと大好きだからね
Unknown (サスケと都)
2019-11-29 10:47:24
チャロちゃんの発作を抑えてあげて!

と思いながら書いていたら
コロちゃんとチャロちゃんが一部混同しました

痛恨のミスですがコロちゃんに
この思いは通じていると信じます
Unknown (黒豆健太ママ)
2019-11-29 20:24:53
こんばんは。
あの日から一年なんですね。
コロちゃんの訃報を聞いた時は
どうしても信じられなくて...。
いつかはくる日とわかってはいても
いざその日がくると気持ちがついていきませんね(T-T)

1年というお時間をかけて
コロちゃんの姿形は無くとも
これまで以上にご家族の心の中に
深く存在しているのだと。

コロちゃんへ
そちらの方がいつの間にか賑やかになってしまったけれど
健太はもう暫くこちらで頑張るからね。
クロちゃん、マロちゃん、チャロちゃんを
お空から守ってあげてね。
健太より
Unknown (クロ)
2019-11-30 08:44:54
いつも優しく、その中にも真の強さを秘めてたようなコロちゃん。そちらでも忙しくしてるのかな?
コロちゃんの優しさと賢さには今も心動かされます。
毎日、ブログ更新を待ちわび癒され、三姉妹の写真を拝見しては、ここにコロちゃんが居たらどんな表情してたかな?と想像しています。ご家族の皆さんの愛情の深さにも頭が下がります。札幌で毎日応援してます。寒くなりますのでご自愛下さいm(_ _)m。コロちゃん、たまにはこちらにも遊びに来て下さいね。
Unknown (コロわんわん)
2019-11-30 09:08:34
もっちゃんさん
コロちゃんがお星さまになって1年経つのですね
コロちゃんとのお別れは半端なくお辛くて
寂しいことでしたね
いつか私もその時がきます
でも、まだ想像ができません
覚悟もできません
でも、お別れというのがどういうことなのか
とても考えることができたと思います

コロちゃんはいつまでも私たちの心の中で
大きな存在感を発揮してます^ ^

たまにはコロちゃん、懐かしいお顔を見せてね♪
Unknown (サスケと都の母さんへ)
2019-11-30 09:18:33
サスケと都の母さん
あれから1年たちました。
この1年、早かったです。
いつもコロのことを気にかけていただきありがとうございます。
コロは母性本能が強いのか、妹たちに対しても
ソンさんや文鳥たちやハムスターにも優しい子でした。
いつも控えめなのに海や川に行くと、
ビビってお水に近づかない妹たちを尻目に、
水の中に飛び込んでいく姿はすごかったですね。
真冬でも海に連れて行ったら泳いでいたのには
驚きでした(笑)
11月の初めには元気だったのに、突然具合が悪くなり
あっという間に逝ってしまいました。
体の回転が何時間も止まらないときは、かわいそうで
見ていられなくて、止めようと体を押さえても止まらなくて
コロにとっては辛い毎日だったと思います。
でも、もうそんな辛さからも解放されて、今は
穏やかに過ごしてくれていますよね。
サスケ君は10歳、都ちゃんは7歳。
コロのような病気を発症しなければ
今はワンコも長生きです。
まだまだ楽しい想い出をたくさん作ってくださいね。
Unknown (黒豆健太ママさんへ)
2019-11-30 09:33:34
黒豆健太ママさん
こんにちは。
あれから1年たちました。早かったです。
いつかお別れは来るものですし、
最後の方は年内はもたないだろうと感じていましたし、
発作が長時間続いた時は早く楽にされてあげたいと
思っていましたが、いざ本当にお別れの時を
迎えるととても辛かったです。
でも、今はもう苦しみからも解放されて
穏やかに過ごしていてくれますね。
健太君は、まだまだ元気で、こちらの世界で
いっぱい思い出作ってくださいね。
あ、昨日、コロクッションを連れてちょっと
出かけてきました。
コロクッション、ほんとに嬉しかったです。ありがとうございました。
Unknown (クロさんへ)
2019-11-30 09:41:41
クロさん
ありがとうございます。
そう言っていただけて、コロも喜んでいると思います。
コロがいなくなってしばらくは、妹たちの写真を撮っていても
唯一の茶色いコロがいないことが淋しすぎて仕方ありませんでした。
お出かけしても、あ~去年はここにコロもいたなとか
いつも思い出しています。
でも、姿は見えなくてもきっとそばにいてくれますよね。
北海道はこの週末、かなりの雪になりそうだと
ニュースで聞きました。
もう本格的な冬のようですが、風邪など引かれませんように。
Unknown (コロわんわんさんへ)
2019-11-30 09:49:04
コロわんわんさん
あれから1年たちました。
お花届けに来ていただき、本当に嬉しかったです。
お別れは必ず来るものとわかっているつもりでしたし、
最後の方は年内もたないだろうと覚悟もしていましたが、
実際にそのときが来ると、本当に辛かったです。
でも、コロとのお別れを経験したから余計に
今いる子たちとの時間を今まで以上に大切にしたいと
思えるようになりました。
コロちゃんもまだまだこれから楽しい想い出を
た~っくさん作ってくださいね。
あ、先日行かれていた松平郷、今年の紅葉は無理ですが
私もいつか行ってみたいと思います。
Unknown (凛ママ)
2019-11-30 15:44:29
コロちゃんがいなくなってからもう1年なんですね!
みんなに優しかったコロちゃん。
画像でしか見たことがないけど 色んな場面を
思い出しますね~。
もっちゃんのコロちゃん愛が溢れてて
また泣けてきました。
コロちゃんのことだからいつもご家族のことを
優しく見守ってくれてるんでしょうね☆

コメントを投稿