幸せ未来

この地球に住むすべての人々はもちろん全ての動植物が
幸せを実感できる。そう思える日本、世界を目指すブログです

日本の緑地化計画おかしい?(街路樹の穴あけ事件から)

2019-05-09 23:24:29 | 社会問題点

ポッチ!してくれるとうれしいです

下記ブログランキングのバナークリックのご協力をお願いいたします
どちらをクリックしても構いません
クリックしたジャンルを表示いたします
人気ブログランキングへ
生き方ランキング
ロハススタイルランキング


さいたま市で街路樹の

穴あけ事件があった


過去に聞いたことの

ないような事件


当然木は弱り

このままでは枯れるかも

しれないと言っている


木が弱れば

倒木の危険もあり

枝が枯れば


落下して自動車や歩行者が

怪我をしたり

交通事故の可能性が高い


さてこの事件

道路管理者は警察に

届けたというが


警察が捜査に乗り出したとは

報道されていない

この頃は防犯カメラもあり

真剣に捜査すれば

犯人の特定の可能性は

あるだろう


単に器物破損というが

折れたり倒れたりすれば

事故や通行人の死傷の可能性も

あり単なる器物破損で警察は

何もせずでいいだろうか


疑問を感じる事件である


数年前から私が疑問に

思うことがあります


それは道路工事や歩道の整備を

する際に以前の街路樹が

切り倒され、代わりの街路樹が

植えられないケースが

目につくということです


それから市町村の管理する

桜の木が近年老齢化してきて

植え替えの時期になっている

ところが多いのですが


所によってはこの際

桜の木を植えるのを

やめるというケースが

目につくという感じが

します


近年桜の花見では

マナーの悪さが言われるように

なって来てあることもあり


桜の木を植林しないで

その他の木にするケースが

見え受けられるようです


また木を植えることすらも

やめるような感じすらします


同じ桜の木でも八重桜にしたり

早く咲くカワズザクラに

したりするケースが多いのです


さすがに2月から咲く桜では

その下で花見の宴会は

行われませんね


街路樹に関しては

空気の浄化や緑化による

CO2の削減などの

効果も期待できます


街路樹をなくせば経費も

ずいぶん安くなるはずです

街路樹は植えてからも

剪定などの費用がかさみます


経費の節約のあり方に

論議が必要でしょう


また花見のマナーの低下は

何も花見だけでなく

今の日本人全体の

問題かもしれませんが


花見というのは古来からの

日本人の美学でもあるわけで

伝統でもあるのです


今の世の中どんどん伝統を

消す方法に動いているのも

気になります


皆さんはこんな世の中の動きを

どう感じておりますでしょうか?



ポッチ!して幸せ未来への応援を
よろしくお願いいたします

下記ブログランキングのバナークリックのご協力をお願いいたします
どちらをクリックしても構いません
クリックしたジャンルを表示いたします
人気ブログランキングへ
生き方ランキング
ロハススタイルランキング

この記事についてブログを書く
« あけびのつる料理 | トップ | 猫のアケビちゃん »
最新の画像もっと見る

社会問題点」カテゴリの最新記事