広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

急告

2011年02月05日 | Weblog
▼ぼくは現在、ツィッターは一切、やっていません。発信していません。参加していません。

 にもかかわらず、ぼくと誤解されるIDを勝手に取得され、ぼくが「大学の講義などで話した言葉の語録」として、ぼくが自分で書き込んだと誤解される言葉をツィッターで流している方がいます。

 このことを、ぼくはたった今、知ったばかりです。
 その方の連絡先を探して、強く抗議するとともに、すべての行為を即、やめていただくよう求める作業を同時進行でおこないつつ、このツィッター発信が、事実上の偽物であることを広く告知します。


▼この方は、不肖ぼくの言葉を広めたいという善意で始められたようですが、成りすましに等しい行為であり、また、たとえば大学という限られた場で行っている講義内容を勝手に使うならば、その意味からも問題行為ですし、そのほかのぼくの話を勝手に使うならば著作権法にも違反しますし、さらに、この方は正確にぼくの言葉を引用しているつもりでも、実際は言葉遣いが誤っていたり、ニュアンスが違っていたり、その意味でも誤解を伝えるものであり、全体に、このままでは明らかに犯罪に類する行為になります。

 ぼくは今、この方の善意を信じたいと、こころから願っていますが、ほとんど余っている時間がない、というよりありとあらゆる時間がまったく足りない現状のなかで、このような想像を絶する行為に対して、何よりも優先して貴重な時間を使わねばならず、その意味からも、たいへん実害があります。

 ぼくをとにかく貶めたいという人々から、山のような名誉毀損、事実無根の誹謗中傷がなされているなか、ぼくを理解されているであろう方から、仮に善意とはいえ、このような行為がなされることを、きわめて残念に思います。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 赤い夜と、白い朝と、緑の昼... | TOP | その後 »
最新の画像もっと見る