広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

(念のため、こちらにもアップしておきます)

2009年07月30日 | Weblog



▼コメント欄に、以下のような質問がありました。

as~as any (質問)
2009-07-30 08:42:17

29日のアンカーを拝見しました。
私の持っている英和辞書によると「as~as any」は「~と同じくらいに」とあります。
それを素直に信じれば「米中関係は他の2国関係と同様に重要である」と訳すのが妥当であって青山さんがおっしゃるような「他のどの2国間よりも重要」とはならないのでは?
(後略)


▼ぼくは、ふだん、個別のコメントにお答えすることはしません。
 それをやると、必ず、ほんらいの仕事ができなくなるからです。

 しかし、今回は、オバマさんをわたしたち日本国民がどうみるかについて考えるきっかけにもなる、よい質問だと思いましたから、お答えしました。

 コメント欄にアップした答えは、以下のとおりです。



オバマさんもまた、政治家の言葉です (青山繁晴)
2009-07-30 10:39:30

↑上のご質問に簡単にお答えしておきます。

 ご承知のように、言葉は、文法と文脈によって意味が決まります。
 特に政治家の言葉については、文脈が大切で、学校英語の文法だけでは意味が読み切れないことがあります。

 くだんのオバマ演説は、このような言葉です。

"And we also know this: The relationship between the United States and China will shape the 21st century, which makes it as important as any bilateral relationship in the world."

 これが真ん中の will shape the 21st century, which makes it がなくて、たとえば The relationship between the United States and China is as important as any bilateral relationship in the world. という言葉であれば、ご指摘のような訳が正しいことになります。

 ところがオバマさんはまず、米中の2国間関係が、21世紀を形作る、すなわち21世紀は米中2国が仕切る世界だという趣旨を明言したうえで、which makes it つまり、その事実あるいは確定的な予測こそが、米中2国間関係を as important as any bilateral relationship in the world にするんだと表現しています。
 したがって、「米中2国で21世紀を形作るという事実からして、米中2国間関係は、世界のどの2国間関係よりも重要な2国間関係となる」という意味を汲みとり、そのように訳すことがもっとも適切と考えます。

 ちなみに共同通信のワシントン電は、以下のようになっています。

【ワシントン共同】米国と中国が外交・経済分野の問題を閣僚級で話し合う「米中戦略・経済対話」の初会合が27日、ワシントンで始まった。開幕式に出席したオバマ米大統領は「米中両国間の関係が、21世紀を形づくる。世界中のどの2国間関係よりも重要だ」とあいさつし…(後略)

 また産経新聞は次のようです。

【ワシントン=山本秀也】米中両政府による初の包括的な戦略経済対話が27日、ワシントンで開幕した。冒頭、オバマ米大統領は「米中関係が世界のどの2国間関係より重要だ」と述べ、突出した対中重視の姿勢を表明した。

 一方で、学校文法どおりに訳した、受けとった報道もあります。
 日経新聞は以下のようです。

【ワシントン=高橋哲史】米中両国の閣僚が一堂に会し、経済や安全保障分野の懸案を議論する初の「戦略・経済対話」が27日、ワシントンで開幕した。オバマ大統領は開会式で「米中関係は世界中のどの2国間関係にも劣らず重要だ」「我々は共に重い責任を負っている」と演説。

 わたしは、アンカーの放送前に、まずはCNN、BBCでオバマさんの演説のトーンをよく聴き、それから原文を取り寄せて読み込み、さらに、上記の日本メディアの報道を比較検討し、それから外務省北米局の知友の意見を聴き、それらを総合して、アンカーで述べたような訳がもっとも適切と確信し、その内容で生放送に臨みました。

 放送した内容、訳が正しいと思う、もうひとつの傍証は、「世界のどの2国間関係とも同じように米中関係が重要」というのは、客観的事実としてあり得ないことです。
 たとえば、アメリカと中米の小国の2国間関係を考えれば、中米の諸国には申し訳ないですが、アメリカは勝手に属国だと思っているわけで、それと今や米国債の最大保有国である中国との関係を同等に扱うわけはありません。
 それでは、この「米中戦略・経済対話」がほんらいは閣僚級であるのに、合州国大統領がわざわざ顔を出して、居並ぶ中国の要人たちに演説する意味がありません。

 つまり、オバマさんは中国に「あんたと2人だけの関係こそが、ほかのどの2国関係、これまでのアメリカが大切にしてきた日本やイギリスとの2国関係よりも、今や大切だと分かっているよ。なんせ、これからは、あんたとふたりで、世界を仕切っていくのだからさ」という重大なニュアンスがちゃんと伝わるようにしながら、同時に、これまでの同盟国、日本やイギリスにもエクスキューズができるように、as as any の構文を上手に使っているのです。

 これは政治家の言葉としては、別段、卑怯とかそういうことではなく、むしろ当たり前です。
 ただ、革命的な存在というイメージで受けとられがちなオバマさんの演説は、案外に、こうした古い体質の政治家言葉があることは、これを機会に注目されてもよろしいのではないかと、思います。



Comments (79)   この記事についてブログを書く
« もしもほんとうに、ひとりの... | TOP | 決まりました »
最新の画像もっと見る

79 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ランチ)
2009-07-30 12:00:38
両思いになりたい相手に「~と同じくらいに」なんて言ってもね…「あんたと2人だけ」って頬を赤らめて言わないと告白の意味がないですものね。

ps;久々の1番コメント~オフの特権です。昨日だったらズバリを生で見れたのに。
Unknown (shiba)
2009-07-30 16:02:22
こういうふうにとる人もいるのだな、という勉強になりました。
最近の情勢を見ても、同格はありえないと思ってしまうのですが、
そうはとらない、という人もいるのかもしれませんね。

PS:青山先生の新刊がアマゾンで予約できましたので、さっそく注文しました。ただ、大切な本の表紙の写真(絵)は出てませんでした・・・。
池田大作が進める在日韓国人に参政権を与えることは日本国憲法違反 (愛信)
2009-07-30 16:15:01
池田大作が進める在日韓国人に参政権を与えることは日本国憲法違反

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

民主党の支持母体が日教組、同和、民団、年金破壊の自治労であるこ
とすら知らない!
インターネットと無縁な方々にはこちらの置きビラを見てもらって下さい。
【置きビラの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi
Unknown (szk)
2009-07-30 16:33:33
アンカーを見て、時代が急激に変化していることを改めて感じました。
ありがとうございました (as anyの質問をした者)
2009-07-30 17:44:12
帰ってきて、こちらにアクセスしてみたら、なんと!私の質問に青山さんご本人が答えてくださっているばかりか、その件でトピックまで立てられているではありませんか!
御忙しいにもかかわらず、丁寧にご解説いただきありがとうございました。
shiba様へ (as anyの質問をした者)
2009-07-30 18:03:06
>最近の情勢を見ても、同格はありえないと思ってしまうのですが、
そうはとらない、という人もいるのかもしれませんね。

というか、オバマがそんなにズバリ言うかなあと思ったので。そんなこと言ったら他の国の耳にも入るのに。

「オバマはこう言ってます。しかし、その真意はこうなんですよ」ということならわかるんですが(いつもの青山さんならそう解説されますよね)、それが今回は違ったので、あれっ?と思ったのです。

しかし思いがけず青山さんから御返事いただけたので、質問してよかったという以上に何か得した気分になってます。(笑)
Unknown (やぶなか)
2009-07-30 21:36:22
英語がわからない私にとって、何のことやらさっぱりだったのですが、青山さんの解説でなんとか理解できました。

世界ウイグル会議のカーディル議長の来日、記者会見を認めた日本政府の決断は、高く評価されるべきですね。
麻生首相だから出来たのでしょう。
福田前首相だったら、まず出来なかったのではないでしょうか?
異常判決が出た! 日教組べったり プリンスホテルに賠償命令 (愛信)
2009-07-31 00:13:54
異常判決が出た! 日教組べったり プリンスホテルに賠償命令

日教組のバカな言い分を丸々認めた前代未聞の愚かな判決を東京地裁が出し
ました。 

プリンスホテルに賠償命令の撤回を、【国政に対する要請書】はこちらから送信
できます。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

民主党の支持母体が日教組、同和、民団、年金破壊の自治労であるこ
とすら知らない!
インターネットと無縁な方々にはこちらの置きビラを見てもらって下さい。
【置きビラの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi

PS:
オバマ大統領に出生地問題発生、アメリカ生まれに疑念あり、大統領の適格性が疑われている。
初めてコメント致します。 (こっぽうもん)
2009-07-31 02:18:37
日本語でもそうですが、言語というのは「文脈」があるので一筋縄ではいきませんね。特に政治的発言には深~い裏もあるでしょうし。

記事には関係ありませんが私は対馬の人間です。先日行われたJCIのフォーラムにも参りました。青山さんの「対馬の感想」の記事を楽しみにしております。
Unknown (主婦(カナダ在住))
2009-07-31 04:06:28
政治家の発言というのは「文字通り(構文通り)」の意味を受け取ってはいけないのは「あの」オバマ大統領といえ例外ではないという事ですね(笑)。
今回のオバマ演説にて、この部分をピンポイントで解説される青山先生の鋭さに感嘆しております。(テレビなどで拝見するかぎりなのですが、)先生が常日頃からおっしゃっている「マスメディアに与えてもらう情報を丸呑みするのではなく、自分の頭で raw information を解析できる力を養う」という事と同じラインなのかな、と思いました。

(私事ですが、帰国便を取りました。サイン会で先生にお目にかかれるのを楽しみにしてます)