直しましょう

2008年04月18日 | Weblog



 ひとつまえの書き込み「ふつうのこと」を一部、直しました。

 書き込みの目的は、名古屋での、ふつうのひとびとによるデモ行進の志の清潔さ、高さを知ってもらうことと、参加者が一人でも増えることです。

 いかなる組織や団体も裏にいないことを、まさしく評価していますから、特定の宗教法人(寺院)が主宰しているとは、まったく書いていません。正反対です。
 僧侶も、ひとりの宗教者の良心をもって積極果敢にかかわっておられる、そのことの深い意義を込めて、具体的に記しました。

 しかし一方で、デモ行進をおこなうにあたって、きちんと責任をもって「代表」、「代表補佐」を名乗り、愛知県警との調整などにあたり、無償の努力を重ねておられる市民がいますから、主宰者はそのかたがたです。
 僧侶は参加者です。

 そこで、そのように直しました。

 ぼくに会いに来られた6人衆は、僧侶、サラリーマン、自営業、主婦、学生と、それぞれ立場や仕事は違っても、みな、はっとするような清潔な目をしておられました。

 魂から、うれしく思いました。





ジャンル:
ウェブログ
Comments (67)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふつうのこと | TOP | 断腸の記 »
最近の画像もっと見る

67 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
善光寺 TV (KenOKABE)
2008-04-18 23:49:00
そのような目をしている人たちは、自然と青山さんのところへ集うのでしょうね。
関西TVのアンカーを見ていて、青山さんのようなジャーナリストが増えればどれだけ日本が良くなるんだろうか?と真剣に思いますし、まるで工作員のような解説員を擁する東京のニュース番組のかわりに、ああいうきちんとした人がきちんとした解説を行うというまっとうなジャーナリズムを日本のTVに期待したいです。

とりあえず、今日は、善光寺が仏教組織として、極めてまっとうな立場を表明してくれたので、ちょっと安心しました。電話、書面で意見した我々も最終的に大きな力となったと思いました。
27日大阪でもピースウォーク (Viraga)
2008-04-19 00:13:32
青山さま。

いつもTVで拝見しています。心に直に伝わる報道をありがとうございます。
先日も円教寺、大樹玄承さんの放送で、私も目頭が熱くなった一人です。
大阪でもチベットの応援に立ち上がっている人達がいます。
TVで外国での激しい抗議デモを見て(ダライ・ラマの呼びかけている非暴力から遠ざかるようで)悲しかったのですが、日本でなんの利害もない人々の平和のための行進、が出来ると、私も参加することにしました。
全国で声が上がりますように。
そしてチベットの人の力になりますように。


ピースウォーク&キャンドル&「ヒマラヤを越える子供たち」@大阪

日時  2008/04/27 ~ 2008/04/27
場所  中之島公園 めがみ像前

作成者 TSNJチベットサポートネットワーク

説明
4月27日午後2時半から中之島公園 めがみ像前(市役所 東南すぐ)から第一部のピースウォーク、そして第二部として午後6時から大阪市北区菅原町でドキュメンタリーの上映会を行います。
下記で【フライヤーのPDF】をダウンロードして頂けます。

ピースウォーク
http://www.s-pianta.com/tibet/peace.zip

キャンドルナイト
http://www.s-pianta.com/tibet/candle.zip

ウォーク・キャンドルの両方
http://www.s-pianta.com/tibet/both.zip



Unknown (○)
2008-04-19 00:15:22
青山さんが「ふつうのこと」と題して文章をお書きになったこと、さらにはこういった誠実なご説明をされることに嬉しく思います。

誠実であること、清潔な目をしていることを出発点にしているジャーナリズムは多くないかもしれません。
しかし青山さんをはじめとしたそういった方々がいらっしゃることを本当に嬉しく思うのです。

善光寺のある意味勇気のいる決断、各地の抗議行動など、誠実であることが時流になりつつあること、またそれを自分も選べる視野を青山さんがくれたことも非常に嬉しく思っています。

これからも応援させていただきます。
Unknown (Freewill)
2008-04-19 03:12:33
mixiでも見かけていた名古屋のデモもこうして青山さんとつながっていたのですね!圓教寺の大樹執事長の件 同様 感動いたしました。あの「ぶったま!」での勇気ある生放送が善光寺をも動かしてくれたのだと僕は思います。
「にんげん」の一番大事な部分である尊厳を守るために立ち上がる人々がこうして青山さんのところへやってくる、「連帯」というものを感じます。
久しぶりに、「日本人でよかった」と思えました。

一方で中国共産党とそれにすがる人々にとっては最も恐れることなのでしょうね。このようにして日本人が目覚めることを。それで相変わらずこのような卑屈な方法に出るのですね。こんなことで自分の思い通りに「にんげん」を操れるといつまで思い込み続けるのでしょうね。欧米の「偏向」報道でもなく、中国の台頭へのねたみでもなく、この傲慢さが自らを世界から孤立させているということを彼らはどのような代償を払って気づくのか・・・。
それとも、ただ単に 漢民族より「先に」格下だと蔑んでいるチベット人が自由を手にすることがそんなにも妬ましいだけなのか・・。

Unknown (二人の僧侶のうちの一人です。)
2008-04-19 07:27:32
青山先生のブログをよく読んでいただければ、私の名前で青山先生にアポイントメントをいただいたので、私の名前がはじめに書かれてしまっているだけで、書かれている内容が事実誤認であるとは断言できません。実行委員の方でもしこの書き込みをされた方がおられるならば、誤解を解くためにお会いしてお話ししたいので、本日私のほうに名乗り出ていただけませんか?
青山先生にはご迷惑をおかけしてほんとうに申し訳ありません。
ご住職の二重の勇気に賛意を (るるー)
2008-04-19 09:06:56
青山さんが、事実誤認を書かれたわけではないこと。
そのうえでおそらく、デモの組織体に与えるだろう無用のストレスを低減する意図で、この新規エントリーを青山さんが起こされた事。それらは、最初のブログエントリーの文脈からも理解致しました。

ご法衣で出来ればデモに参加したいと思われた深いご住職の思い、ご住職が青山さんにコンタクトをとられたその事実と、ご住職の謙虚な思い。これらは、全て責任の所在がはっきりした所から出ている発言であり行動です。

私は、青山さんとご住職が接点を持たれた流れの中で感じた感動にも増して、ご住職の腹をくくった勇気に感動いたしました。
Unknown (Unknown)
2008-04-19 10:30:24
善光寺の辞退、世界ではどう捉えているのですか、どなたか教えてください。

Unknown (statesman)
2008-04-19 12:02:54
青山さん、そして皆さんの熱い思いがひしひしと伝わってきます。
自分の信じるところを真っ直ぐに、
怖れずに勇気を出して一歩前に踏み出すことが大事なんですね。
CNNアジア版ではトップニュースです。 (るるー)
2008-04-19 12:41:20
http://edition.cnn.com/2008/WORLD/asiapcf/04/18/thailand.torch/index.html


「日本のお寺は聖火リレーから撤退する」というタイトルで、事実を淡々と報道していますね。コカコーラのスポンサーにも触れられています。
Unknown (Unknown)
2008-04-19 12:43:25
るるーさんありがとうございました。