福井市・ふとんの安井【株式会社 安井】店長ブログ♪

ふとんの安井【株式会社 安井】店長です。「ふとんアドバイザー」の資格を持っています。趣味&気になったことを気ままに!

ミスチル!京セラドーム当選(^_-)-☆年末楽しみだなぁ・・。それまで頑張って仕事(笑)

2012年10月27日 | 音楽
『Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour』

チケット当選(^_-)-☆

12月の京セラドーム大阪です。

今年2回目のミスチル詣(笑)
一緒に歌ってきます。周りの方の迷惑にならない程度に・・・。
CDの発売も楽しみです。

コメント

当選祈願(^_-)-☆『Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour』 行くぞ!京セラドーム大阪

2012年10月24日 | 音楽
『Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour』

チケット先行予約しました。

当選するでしょうか?
是非、行きたい(*^_^*)
発表は本日24日!

絶対行くぞ!京セラドーム大阪
コメント

桑田佳祐ライブに行って来ました。7日(日)サンドーム福井17時開演!大盛り上がりでした(^_-)-☆

2012年10月08日 | 音楽

桑田佳祐 LIVE TOUR 2012
10/7(日) サンドーム福井
【15:30 開場/17:00 開演】

福井18年ぶりだったそうな(@_@;)

生「桑田佳祐」見ましたよ(^O^)/
結構近かった。
スタンド1F南C列
ステージ中央まで50m位か?
おまけに隣の席が空いていたおかげで、ゆったりした空間でアンコールも入れて3時間!
ほとんどスタンディング!ちょっぴり休憩(3回ほど座ったかな・・)

最初のお祭りから始まって、3曲!それからお笑いトーク(笑)
役者ですね。話もうまい。つかみはOK!

バンド構成&ステージ構成も良かった。小さすぎず、大きすぎず。
ギター、ベース、ドラム、キーボードが2名、サックス、トランペット、バイオリン、ダンサー
河村カースケ智康(drums)だけは顔も知っていました。BankBandで叩いていましたよね。上手いです。
もちろん、ギターもベースもキーボードetcすべての方が・・・。

それとステージ両側の大型スクリーンに曲名と歌詞がでるのにビックリ関心(@_@;)
親切ですね。知らない曲でも口ずさみ楽しめます。

「声に出して歌いたい日本文学」メドレーは桑田フアンの方にはおなじみなのか?
余興だと思えばこれもありなのかな?

終盤、YMCAからのYMO(ライディーン:高橋幸宏還暦おめでとう)~YAZAWA(止まらないha~ha)~YUMING(恋人はサンタクロース)~KUWATA(波乗りジョニー)は大盛り上がり!
盛り上がらない訳がない!計算しつくされている。今になって関心(@_@;)
ホントに楽しい3時間でした。

何が一番?地元福井でやってくれて!それが一番。田舎ですからね。
一流処のアーティストはほとんど来ませんから(笑)
北陸に来ても、金沢かな?それも稀に・・・。

首都圏、大阪、名古屋、福岡etcに住んでいらっしゃる方は羨ましい(-"-)
いつでも行けますからね!
ライブは一度行くとまた行きたくなる。次は誰?
やっぱりMr.Children(好きなんだな。桜井さんの声が・・)
年末の大阪(京セラドーム)か?

あぁ、「桑田佳祐 LIVE TOUR 2012」セットリストは、どこかで探してね。

これから行く方・・。楽しんできてください(^O^)/


コメント

[図解]大阪維新~チーム橋下の戦略と作戦!読みました。

2012年10月05日 | 

[図解]大阪維新~チーム橋下の戦略と作戦

「内容」
大阪維新の会、初の公式本! 大阪から日本が変わる。
これからの日本を動かす地域政党のすべてがわかる一冊。
図解、データを多く用い、目で見て分かる!

内容例を挙げると、
◎地域政党「大阪維新の会」とは何か
◎意思決定できない背景にある統治の問題
◎全国一律では日本の変革は永久にできない
◎大阪が秘める改革のポテンシャル
◎きわめて深刻ないまの大阪の状況
◎大阪で二重行政が生まれる理由
◎市役所の解体による労使癒着の打破
◎各事業、そして府民市民の暮らしはどうなるのか
◎まず大阪府と大阪市と堺市の合併
◎地下鉄・バスの民営化と交通網再編
◎「大阪都」実現への手順とスケジュール
◎既得権益と戦う政調戦略
◎即断即決、議場を議論の場に変えた橋下流仕事術 等々
本文中には、コラムを多く入れ、数字で見る大阪市役所の特徴、公務員の給料の「重なり」「わたり」なども詳細に説明する。
チーム橋下の改革が手に取るようにわかる一冊。


「感想」
大阪維新の会、日本維新の会。
今をときめく「橋下徹」の戦略と今後。取り合えず読んでおこうと!

個人的には応援しています。
今までの政治家にはない解りやすい言葉。
ネットを使った発信。Twitterでもフォローしています。

最近は、橋下代表の登庁時&退庁時の囲み取材をYouTubeで発信していますね。
編集なしで観れるのがいいです。(他人の考えが入らないから・・。)

よきに悪しきに、こんな政治家今までいました?
時代は変わります。
嫌でも競争しなきゃいけない時代はとっくに始まっています。
弱肉強食だけではいけないけれど、規制がいっぱいでは日本は沈没します。
今現在、既得権益にあぐらをかいている方は今のままでいいのでしょうが・・・?
私は、何故か期待をしてしまいます。


コメント

落日燃ゆ:城山三郎さん!激動の昭和を総理として外相として努めた広田弘毅の一生!

2012年10月03日 | 

落日燃ゆ:城山三郎

「内容」
東京裁判で絞首刑を宣告された七人のA級戦犯のうち、ただ一人の文官であった元総理、外相広田弘毅。
戦争防止に努めながら、その努力に水をさし続けた軍人たちと共に処刑されるという運命に直面させられた広田。
そしてそれを従容として受け入れ一切の弁解をしなかった広田の生涯を、激動の昭和史と重ねながら抑制した筆致で克明にたどる。
毎日出版文化賞・吉川英治文学賞受賞。

「感想」
普段は読まないが、今の時期だから読んだ1冊!
広田弘毅の波乱に満ちた一生が淡々と書かれています。

東京裁判で文官でありながら唯一絞首刑となった広田弘毅。
恥ずかしながら名前しか知りませんでした。
難しい時代背景の中で、一生懸命自分の出来ることをし、「自らかなわぬ」生き方に徹した広田弘毅。
悠々と自分の役割を果たした広田弘毅。
東京裁判では何の弁解もしなかった広田弘毅。
処刑の際に万歳と言わず、「マンザイ:漫才」と言った広田弘毅。

広田弘毅。こんな政治家がいたことを知って良かった。
日本人として、過去の戦争の事をもっと知りたいと思う一冊でした。

コメント