炎の日記

目次を作ってみました。

Hey Vibe その9 完成!

2007年09月30日 | エフェクター
お久しぶりです。
前回の記事から早1ヶ月。
本当に制作意欲復活したのかよって感じですね^^;

みなさん こんばんは。
炎です。

今日は音が出なくなっていたHey Vibeを修理しました。
原因はグランドと出力のショートでした。
今回は以前から使おうと思っていた網線を使ってみたのですが、網の扱い方に慣れて
おらず網の部分と線の部分が近すぎてショートしていたのです。
ちょっと突付けば音は出ましたが、練習やライブ中に機嫌が悪くなるとやばいので
半田し直しました。



で、音が出てから1ヵ月半ほど経ちやっとレビューです。
その間は配線をやり直したくらいですが、かなり時間が経ってます(笑

まず、このペダルはバンパーさんのところで扱われていたもので、Easy Vibeというペダルに
改造が加えられたものです。

ツマミはVolume、Depth、Rate、Resonanse(Res)の4つです。
Volumeはエフェクト音、Depthは揺れ幅、Rateは揺れるスピードを調整できます。
Resonanceはバンパーさんのとこの説明によると、LDRでのLEDの光量を設定し、かかり
具合やカーブを調整できるようです。
右に回すとシャープになり、左に回すと緩やかな、ウォームなサウンドになります。
使った感じでは歪ペダルのToneに似てますね。
右に回すとキンキン、左に回すとモコモコみたいな。
VolumeとResonanceツマミのおかげで色々な音を作ることができます。

さて、肝心のサウンドです。
本物のユニバイブを使ったことはありませんがジミさんのあの音です(笑
アメリカ国歌を弾いてしまいますね。

コーラスモードは軽めのクリーンコーラスから、深くうにょうにょしたサウンドまで
作れます。
ビブラートモードはコーラスよりかかりが薄いので音作りの範囲は狭くなりますが
気持ちいいロータリーサウンドです。
Resonanceで結構雰囲気を変えれるので、音作りの幅はかなり広いと思います。

バンパーさんもおっしゃっていますが「使えるペダル」ですね。
他のバイブ系が使えないわけではありませんが、このペダルはわかり易く使いやすいです。

無駄に長引いた(笑)Hwy Vibeが今回でやっと完結しました。
このモデルを公開してくださったバンパーさんに感謝です。

最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (もねぱぱ)
2007-10-01 18:04:00
こんにちは。
HeyVibe、本当に良いですよね。
BBDなどの遅延素子を使った(一般的な)コーラスでは味わえないエグさもありますから、使いどころは難しいですが、逆に使い甲斐のあるエフェクターだと思います。(僕のエフェクターボードに常駐しています。)
ケース・デザインは「水をかき回した・・」というHeyVibeの形容にピッタリですね。綺麗ですよ。
Unknown (炎)
2007-10-02 00:05:05
もねぱぱさん こんばんは。

そうですね~
一般的なコーラスのように爽やかではありませんが、この怪しい感じもいいですよね。

ありがとうございます。
デザインは音のイメージと合っているので結構気に入ってます^^

コメントを投稿