繁浩太郎の自動車と世の中ブログ(新)

モータージャーナリストとブランドコンサルタントの両方の眼で、自動車と社会をしっかりと見ていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デルソル・ミーティングに参加

2017-06-27 17:24:14 | 日記

先日、ツインリンク茂木で行われた「第20回デルソル・ミーティング」に参加してきました。

 

デルソルは言うまでもなく、私のホンダでの開発人生で一番印象深いものです。

今とは全く異なる世の中の流れの中で、ホンダも今とはだいぶん異なる開発状況の中で、開発されました。

私も若く変にホンダらしさにこだわっていましたし、今の「顧客ファースト」という考え方も異なるものでした。

ホンダのツーシーター・スポーツカーはこうだと、かなりの独善的な考えでコンセプトメークしたのを覚えています。

スケッチ

 

しかし、商品ってオモシロイと思うのは、これはクルマだけでなく、ほぼ全ての商品に言えるとおもうのですが、・・・

時代の流れの中で、商品が生まれて創成期には、顧客のことはあんまり考えず、造り手の価値観で作っていることが多く、また品質的にも完成されていないと思いますが、そのほうが、今時の顧客ファーストで心底顧客のコトを考えて作って、品質も良い今より、多くの拍手がもらえると思うのです。

つまり、顧客のコトを考え出して、品質も向上してくる時が、売れなくなり始めるときのような気がします。

 

ところで、今回のデルソル・ミーティングで一番時代の流れを感じたのは、クルマのノーズ/ボンネット、エンジンルームでした。

「ぺったんこ」なんです、今の眼でみると。

当時は、当然これが普通でどちらかと言うと、もっとぺったんこにならないかと思っていたくらいです。

ホンダのクルマは特に2代目のプレリュード以降、「低ボンネット」化を進めてきました。

その根底の思想は、地上を俊敏に動く動物は全て重心が低くなっている、クルマも低い方が良いというようなものでした。

ホンダは、思想(本質)を大切にしました。

今の眼でみると、異様に? ボンネットが低く、広い(大きい)感じがします。

 

今では、パッシーブセイフティで歩行者保護の観点から、ボンネットとエンジンとの間に空間をあけますので、その分はボンネットが高くなります。なにより、人のクルマのデザインを見る目も変わってきました。背の高いSUVが沢山走っています。

SUVは当然重心は高いですね。また、軽自動車もハイトワゴンと呼ばれるワゴンRや、スーパーハイトワゴンと呼ばれるタント、さらにダイハツはウエイクというスーパーよりスーパーな高さのあるクルマまで販売しています。これらは当然重心は高く、低いクルマに比べると転倒もしやすいでしょう。運動性能もしかりです。

 

こういう、運動性能的に、さらに走るという思想的に良くないと言えるクルマが市民権を得るということは、ドライバーが飛ばしたりコーナーを速い速度でまわったり、ヒドイ運転をしなくなったと言うことではないでしょうか。また、燃費を考えるとユックリと走るようになったとも思います。

 

つまり、飛ばさずユックリと走るようになってきていると思うのです。

 

だから、スポーツカー市場はなくなってきていると思います。

 

ちなみに、人の歩く速度もユックリになってきていると、街に出る度に思います。スマホを見ている人は当然歩くのが独りよがりで遅いですが、スマホを見ていない人が、ユックリになってきたと昭和生まれでセッカチな私は感じます。

 

今の、乗り心地のいいクルマでユックリと走ると、昔言われた「走る応接間」って実感します。運転している気がしなくなるくらい気持ち良いです。まさに、なんだか部屋にいるような・・。

 

それに、クルマを走らせる「儀式」は少なくなりました。

 

ATが代表的なものですが、キーレスやエンジンスタートスイッチ、さらにそのスイッチを押してもHEVだとブルルルンなんてエンジン音も聞こえない、当然振動もない。それで、パチッと小さなレバーを一つ動かし、アクセルを踏むと、すゥ〜っと動き、ハンドルもヨッコラショと切らなくてもスイスイ。ブレーキもチョイ踏みでがくんと効く。

 

これでは、怠惰な方にどうしても流れる人間にとって、1トン以上の質量のクルマを動かしている、緊張感や責任感はでませんね。

緊張感がないと漫然とした運転になり、つまりボーっと。

そりゃ、アクセルとブレーキくらい間違えてもおかしくないかも・・と思ってしまいます。

 

世の中全体的に「漫然」となってきているかもですね。

社会的にも頑張って報われる世の中ではなくなってしまいましたからね。また、経済的にも、将来的にも不安のある世の中です。今の現役世代の年金支給年齢はドンドンと上がっていくでしょうし、たとえもらえたとしても、この調子だとハイパーインフレになる可能性も上がってきましたから・・。

 

なにか、こう!! パァッとした、世の中にはもうならないのでしょうか?

私は、植木等さの役柄のように、パァッと行きていこうとズッとクレージーキャッツの時代から思って生きています。

 

漫然と生きるのは、ダメですよ。

パァッと、行きましょう、パァッと、生きましょう。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クルマの予防安全のあり方。 | トップ | 眩しいヘッドライト »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お世話になりました (川西ユージ―)
2017-06-28 01:01:38
広島から デルソルミーティングに 参加させて頂いた、ユージ― と申します。
当日は 貴重なお話、楽しいひと時を ありがとうございました。
往復 2000kmの 長距離ドライブですが、デルソルのシートは 身体にフィットするので、長時間 運転し続けても ほとんど疲れません。
他のホンダ車では、速攻で 腰にきますけど A^-^;
デルソルで 一番気に入ってるところが シートです (@^^)b
ありがとうございます。 (繁浩太郎)
2017-06-28 19:01:28
シートは特にチカラを入れて開発しました。

艤装のプロジェクトリーダーが、シート屋出身でしたから技術的にも理解があって的確に設計・テストの担当をリーディング出来たと思います。
お客さんは正直で川西さんと同様にシートの良さを言っていただけるユーザーさんは多いです。わかる人にはわかるんだなと実感しました。
これからも、よろしくお願いします。
そろそろ (やはぎ)
2017-07-11 18:17:46
ご無沙汰してます、そろそろあの頃は〜でなく、今が素敵な時期にしたいですね❗️
パァーッといきましょう、パァーッと
これからの子供達とこれからの世の中に夢、発見、ドラマを❗️
あれ?何処かで聞いたフレーズですね、笑

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事