【インド直輸入紅茶】シャンティー紅茶のブログ

インド直輸入紅茶のシャンティー紅茶がインドのちょっとした話題から紅茶にまつわる話まで皆様へお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ニルギリ紅茶の生産地へ その4

2016-08-15 | 旅行
こんにちは。

〈インド直輸入紅茶〉シャンティ紅茶広報担当Kanakoです。

ニルギリって?、、私たちが普段飲みするティーバッグの紅茶や茶葉の多くは、インド南部に広がるニルギリ地方の茶葉が多いです。それは、さっぱりと飲みやすい品質であるために、ブレンド茶葉に向いているから、またダージリンやアッサムに比べ安価であり、大量生産されるから。などの理由がありますが、今回Kanakoは、そのニルギリの一部Coonoor[クーノア]と言うところへ行ってきました。


製茶の最終工程に入ってきました。乾燥させ、焙煎された茶葉は、細かく、カットされていきます。こちらの工場では、CTC、オーソドックス製法、両方の製法で茶葉を作っていました。これまで、紹介してきたのはオーソドックス製法です。最後にカットされた茶葉がこちら。



▲最初の緑色の生茶葉4Kから、製茶1Kが出来上がると言われています。さて、テイスティングです!


出来立ての茶葉は、茶色というよりも、濃い紅色をも思わせる色でした。香りも、酸化した古い香りは、もちろんなく、フレッシュな香りです。では、テイスティング!ということでゲストハウスへ戻って、クッキーと一緒にいただきました。安価な紅茶、、とは、全く思わせない、やわらかで品のある味わいでした。

工場ツアーをしてくれたマネージャーさんが、本当に美味しいニルギりは、口の中で甘みを感じるんだ。と言っていました。出来立ての茶葉の味わいは、ずっと忘れないと思います。


▲クッキーとよく合う、優しい味わいのニルギリ茶葉でした。


▼シャンティ紅茶オンラインショップ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/shanti/

▼シャンティ紅茶公式ホームページ
http://www.shanti-jbs.com/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ニルギリ紅茶の生産地へ その3 | トップ | 果実の香りをアイスティーで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事