どさんこまったり散歩

家族と自分をとりまくお友達との
まったりゆったりのお散歩日々のあれやこれや

正反対

2017-06-28 14:09:35 | 
旅行中、読み終わった二冊。

宮下奈都さん
「ふたつのしるし」
読み始めはなんとももどかしい気持ちになったけれどハッピーエンドで爽やかな気持ちに。
素敵な本だったので娘に勧めたらあっという間に読み終わっていた。早っ!


誉田哲也さん
「ケモノの城」
確実に途中気持ち悪くなります。
これは2002年の北九州市小倉北区で発覚した凶悪監禁殺害事件を題材にした内容なので、もし、本当にこんなことが起こっていたのならと考えるだけで吐きそうになります。何度も挫折しそうになりましたが誉田哲也さんの丹念な取材と綿密な構成が凄かった。
これはあまり勧められないけど
背筋がゾワっとするという意味では素晴らしい本でした。

また本探しに行かなくちゃ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さらさら | トップ | 心に吹く風 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事