海上撮影家が見た上海2

上海で撮影活動をしている海原修平のBlog。「海上」とは上海の逆で、新しい上海という意味。更新は不定期。

銀座の写真専門ギャラリーIGPGで「老上海」

2018-10-18 | 写真日記

IGPG  11/2まで

 

銀座の写真専門ギャラリーIGPGで、写真展2日目が終了。10/20は、写真評論家のタカザワケンジ氏とのトークショーを予定。

興味がある方は、https://www.igpg.jp/kaihara.html

GFX50S+Pentax43mm f1.9

コメント

東京へ帰国前に天山茶城でお茶を

2018-10-10 | 写真日記

先月収穫した新茶の枝取り

 

お茶屋の息子

 

東京へ帰国する前に、いつもお世話になっている天山茶城でお茶の買い出し。トップの画像は、新茶の鉄観音茶の枝取り場面で、丁寧に枝を取る作業はとても大変。今回は、この鉄観音の新茶といつもと違う白茶を購入。数種類の白茶を試飲させてもらい、一番香りの良い白茶を購入。試飲させてもらった白茶の中には、販売してない身内でしか飲めない白茶もありちょっと感動。

下の画像は、茶屋の息子。額の赤が気になるので聞いてみると、転んで怪我をしたそうだ。昭和生まれの人は知っているだろうが、昔は日本でも各家庭で標準装備だった赤チンが中国ではまだ使われているのだ。

☆本日の夕方便で、羽田へ向かう。明日から写真展の準備。10/16-11/2まで、東京で写真展

 

コメント

泊まったホテルの表と裏で

2018-10-08 | 写真日記

ホテル前の広場

 

ミニ遊園地

 

ホテルの裏では葬儀が

 

深夜に見たブラスバンド部隊も

 

故人はクリスチャン だったようだ

 

昨日の続き

二日目の朝に朝食を終えてホテルの前の広場を散策すると、ミニ遊園地の準備が始まっていた。西洋のコピーだらけの中華風キャラクターが当たり前のように目の前に広がっているのは、ある意味壮観でもある。そんなシュールな風景の写真を撮っていると、深夜に聞いたブラスバンドの音楽が遠くから聞こえてきた。急いでその音の方向へ向かったら深夜に見たレストラン前だった。私の推測だが、深夜の演奏は通夜で、朝のパレードが本葬だったようだ。以前、台湾の葬儀を動画で観た事があり、棺の周りをブラスバンドが演奏しながら回っていたのを思い出したが、ここ温州でも同じような風習がある事が判明。

その後、工場へ向かい技術責任者とCADオペレーターを交えて具体的な数値を入力しデータ作成。ストロボの設計で一番問題になるのが、コンデンサーとバッテリーの大きさと発光管の種類の選択で全体のサイズが決まる。オペレーターは、休み返上で今もPCの前に居るはず。

楽清市から上海へは、新幹線を三回も乗り換えてやっと到着。中国の大型連休中は、ひっそりと何処へも行かないのが得策だな。

 

 

コメント (2)

国慶節中に新幹線で楽清市へ移動

2018-10-07 | 写真日記

虹橋火車駅 

 

 

どんな味なんだろうね

 

泊まった宿の裏側

 

春節や国慶節休み中は日本へ帰国するか上海市内に留まるのが通例だが、今回は切羽詰まった事情があり4日に温州方面へ出張。新幹線のチケットが取れず、行きも帰りも何度も乗り換えて温州にたどり着く。国慶節休みを返上して、数ヶ月前に打ち合わせした新しいストロボの最終打ち合わせを初日に終えた。基本サイズは、一辺が80mm。

 夕食を終え早々にベットに潜り込んだのだが、夜中の3時頃にブラスバンドの生演奏で目が覚める。 その演奏が30分以上続くのでカメラを持って音の聞こえる方へ行くとホテルの真裏で葬式の真っ最中。本当は写真を撮りたかったが、問題を起こしたくないので部屋へ戻って無理やり眠る事に。

コメント

銀座のIG Photo Galleryで写真展「老上海」を

2018-10-03 | 消逝的老街1996-2000 panorama

IG Photo Galleryにて開催

 

2018年10月16日から11月2日まで、銀座の写真専門ギャラリー「IG Photo Gallery」にて、「老上海」を開催します。上海では上海美術館も含め何度も個展を開催してきましたが、日本ではこのパノラマ上海の写真展は1997年に続き2度目の開催です。1997年の展示は印画紙にプリントした写真でしたが、今回はネガスキャンしたデータをインクジェットで出力した展示です。20世紀末に撮影した上海でもっとも古い旧城内は、現在ほぼ消滅しほとんど見る事が出来ません。世紀末の上海はまだ貧しく高層ビルもほとんど無く、庶民が自家用車を買うのが夢の夢だった時代。

ギャラリー内では、当時街で録音した物売りの声など、今では消滅してしまった路上環境音も流すので、視覚と聴覚を活かした展示になります。

☆詳しくは→ http://www.igpg.jp/kaihara.html

☆IG Photo gallery   東京都中央区銀座三丁目13番17号 辰中ビル3階 石田法律事務所内  

☆休廊日 日・月・木曜日 OPEN 12:00-20:00

☆トークセッション 10月20日(土) 18:00~19:00 海原修平×タカザワケンジ(写真評論家、IG Photo Galleryディレクター)

☆写真特別販売→  売上は私が18歳まで過ごした地元岡山へ「平成30年7月豪雨災害義援金」として全額寄付

 

 

 

コメント