見出し画像

筑井孝子が描く聖書の世界

筑井孝子が描く聖書の世界1 サムエル

サムエルは聖書の中にでてくる

===========

旧約聖書の『サムエル記』に登場するユダヤ預言者士師(民族指導者)[1][2]。名前の語義はヘブライ語で「彼の名は神」。実在の人物である場合、紀元前11世紀の人。

============

ジョシュア・レイノルズ 『幼きサムエル』1776年 ファーブル美術館

 

この絵は有名です

わたしも

この幼い頃の逸話をまんがにしました

それは5巻にでています

今回は長いので

方に付けますね

 

先に

わたしの絵の展開で

 

 

 

 

こんな古かった

高校時代の絵 ですが

これを

きれいにしました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでですが、

もう今では続きは描けないよね

 

 

 

 

 

 

https://blog.goo.ne.jp/shalom1992  聖書の本の紹介
https://blog.goo.ne.jp/kenjikun33 筑井孝子の考え
https://blog.goo.ne.jp/h-nv 舞と筑井孝子のブランド
https://blog.goo.ne.jp/shalomjunko123 筑井孝子の日々

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「聖書の世界1」カテゴリーもっと見る