見出し画像

筑井孝子が描く聖書の世界

筑井孝子が描く聖書の世界1 サムソンとデリラ

サムソンとデリラの映画をはじめてみたのは小学生だったとおもいます

 

テレビでわけもわからないけど

観ていました

1949年の映画だから

きっとこれだな。。って

昔から

きれいな女がいいね

 

 

 

その時はうれしかったろうね

 

お話はこちら

王様のいなかったイスラエルは

「士師」という

すばらしい人っていうか

地域をさばいていた人なんだね

母は若い頃すごいきれいで

父は牧師の話のときに

「きれいな女に男は騙されやすい」っていって

そのあと母が怒っていたのおもいだします

 

 

この絵すごいすきです

 

わたしの自宅の窓もこの絵をガラス絵でかいたのですが

なんと

3日前に変えてしまって。

 

こんなのになってしまいました

この絵です

 

 

 

 

こんな感じです

 

実はこれは「黄金比」になっています

この貝はそのまま黄金比ってことで

ほんとうに不思議

 

重ねてみるとびっくり

 

 

https://blog.goo.ne.jp/shalom1992  聖書の本の紹介
https://blog.goo.ne.jp/kenjikun33 筑井孝子の考え
https://blog.goo.ne.jp/h-nv 舞と筑井孝子のブランド
https://blog.goo.ne.jp/shalomjunko123 筑井孝子の日々

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「いそべ」カテゴリーもっと見る