老鮎師の隠れ家日誌

残された人生、釣り三昧で過ごしたいと人里離れた山奥に隠れ家を求め、主に釣行した場所や釣果を書き留めました。

日置川上流の情報です。

2017-10-28 | 

「おはようございます。今朝の荒川ですが。」違った「今朝の日置川上流ですが、」の情報もまた半年先まで必要が無くなりました。

いい水ですが、寒々しています。

来年こそ良く釣れますように。

お寺さんに向かって「合掌」。

 


今シーズン初のアオリイカ釣りです。

2017-10-27 | アオリイカ

昨日、仲間が11/26ということで、私もとやってきました。

頑張ってみます。

 100と200gをゲットしましたよ。

 このあとも100~400gを連続してゲットし、合計7匹となりました。

20匹持ってきたエサがあと3匹で終わりです。

 

 9ハイで終わりました。

台風の前後は夕焼けが綺麗と言いますが、本当に綺麗な夕焼けでした。

 


さて、昨日の荒川ですが、

2017-10-10 | サーモン

昨日の続きですが、私達は②番に入って0匹。

①番に入った方3人が、それぞれ1匹ずつキャッチし、そのうち2人は7kgある雄だそうです。

今日のいづみやブログでお二人が嬉しそうに鮭を見せてくれていますが、それが7kgぐらいのものだそうです。

最後の一時間半、何とか姿を見たいと昨日釣れた⑥番へ行きました。

この木が沈んでいる後ろのわらいです。

全然反応がありません。

網漁のかたも「獲れない。」と言っていました。

昨日の朗報は、⑬番でジャンプをするくらい鮭がいるそうです。

しかも、5号のラインがぶち切られたそうです。

雨さえ降れば、増水さえすれば良くなるのでしょう。

鮭の燻製を買って帰りました。

「飾りにもなるよ。」と言っていましたが、猫や虫が寄ってきそうで、小さな拙宅では持て余すので、大きな家の友人にあげました。



おはよございます。今日の荒川ですか…。

2017-10-09 | サーモン

晴れていますが、昨日より風があります。

今日の調査員は、たったの8名です。

どこへでも入れる状態です。

さて、今日は、②番へ入りました。

②番は、昨日、大きな雄を4匹キャッチした方がおられます。

二匹目の泥鰌ならぬ五匹目の鮭を狙ってみます。

渇水の為、思うような水深がどこにもありません。

中の島の先端の産卵の終わったメス鮭が集まる所も深くありません。

この分流も定置網の下流にも入りましたが、前々反応がありません。

網漁の方も採れないと嘆いていました。

 

 

 

 

 

 

 


今日の荒川です。

2017-10-08 | サーモン

雲は多いですが、暖かい朝です。

汗をかきながら竿を振っています。

⑥番へ入りました。

⑤番方向、

⑦番方向です。

釣り人がいません。

鮭も見えません。

⑦番まで瀬を渡って行きましたが、全く反応がありません。

産卵床もありません。

 午前中、二匹です。

 

⑧番を見に行きました。

随分と砂利が下流方向へ流れているし、流れも左岸寄りになっています。

釣り人のいる大石がわかりますか?。

大石の周りが去年と全然違うのが分かるとおもいます。

下流方向は、流れが右岸寄りになっていて、手前が深いので延べ竿では流心に届きません。

増水した時、どうなるかわかりませんが、釣りづらいと思います。

ここでも反応がありませんでした。