老鮎師の隠れ家日誌

残された人生、釣り三昧で過ごしたいと人里離れた山奥に隠れ家を求め、主に釣行した場所や釣果を書き留めました。

大安寺笹酒祭りと矢田寺の紫陽花

2018-06-24 | 日記

週末に東京から「奈良大好き」の知人が来られました。

土曜日は、大安寺で夏のがん封じ笹酒祭りが行われていました。

これが今回の一番の目的でしたので、雨模様の中行きました。

雨のためテントの中で笹酒をいただきますので、残念ながら綺麗なお嬢さんが綺麗に写りません。

子ども達は、お水をいただいています。

このお二人が、東南アジアからの留学生でした。

日本の伝統に触れていただいて友好を深めてください。

冬は焚火で竹筒のお酒を温めますが、夏は氷で冷やした冷酒でした。

これでがんを封じ込められたでしょう。

次は、梅雨の花「紫陽花」を見に矢田寺へ行きました。

強い雨でしたが、花が瑞々しくて綺麗でした。

味噌なめ地蔵は、味噌を食べさせてもらっていませんでした。

境内一面に綺麗な紫陽花が咲いていました。

去年よりは、少し花が少ないようでした。

紫陽花の小径です。

千体仏の入口には娑羅の花が咲いています。

急な階段を下りて振り返り合掌しました。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« お土産をいただきました。 | トップ | 私の解禁は大内山川から »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事