垢抜け屋文月の☆ふみづきもの好き☆

垢抜け屋文月の着物生活徒然ブログ。
庶民派カジュアル着物愛好家の文月姐さん。
和装はもっと気楽に楽しめる!を提案中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨の日の着物コートの話

2018-06-15 22:44:54 | 着物
1日降っていましたね。

着物を着るのを雨だからと諦める方も多いかもしれません。

私が今日着ているのは紗の雨ゴート。

紗「しゃ」は透け感のある夏物の素材です。

でも蒸し蒸しした日は暑いので、私は下だけ巻いたり、もしくはポリエステル(洗える着物)にしてコートは省いてしまったり、自分の身体がしんどくないように、工夫しています

雨ゴートを手に入れる前は、単衣の着物を対丈(お端折り無しで着られる自分の身長の丈)に裾を折り縫ってウエスト脇に紐をつけ、コート代わりの道中着として長らく着ておりました。

リサイクルを厭わなければ、小柄な方ならば、3000円前後で雨ゴートは手に入ります。

この時期なら、日暮里のたんす屋さんに行くと在庫が結構あったような…

(確実でないので行かれる方は、電話で確認してくださいね)

しかし、167cmの私のような背高さんは、リサイクルだとなかなかサイズがないです。

私が最初に購入した雨ゴートは、二部式のペラッペラな一番安いものでした。

確か新品でも3000円くらいだったかと

でも二部式のコートは手間

私は愚図なので、いつもモタモタしていました。

一部式のコートを手に入れた時の喜び。
(お友達がめっちゃ大きいの頂いたからあげる!と言ってくれた笑)

買わなくても集まってくるのが着物の不思議なところ…

一般庶民、雨の日のコートのお話でした



#雨ゴート
#道中着
#雨の日きもの
#垢抜け屋文月




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 鎌倉の休日〜乳ガン治りまし... | トップ | 黒留モダン作品撮り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

着物」カテゴリの最新記事