142個の花をつけたヤマユリ

http://www.impressjapan.jp/
家内の実家の裏山のヤマユリが一本で142個の花を咲かせました。
昨年は60個位でしたが、昨年より少し離れた場所で今年はなんと142個でした。
昨年は花の重みで倒れてしまいましたが、今年は倒れないように太い支柱でもたせました。
100個ほどはたまに咲くことがあるのですが、これはユリの帯化現象といわれ野生状態のものではみられないといわれています。
帯化したユリは翌年は普通のユリになります。

       

下の写真は花の散ったあとの茎の姿です。
これで花の数が142個とわかりました。
原因が病気でなく、栄養過剰といわれているのですが、栽培ならいざしらず自生で、昨年、今年とこれほど花をつけるのはこの地がよほどヤマユリの生育に適しているのだと考えられます。

       
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« オミナエシ ... ザクロの実 »
 
コメント
 
 
 
絶句! (ちのと)
2007-08-10 08:28:53
なんと驚きの状態です。新聞社とかに連絡したらよかったのに。でも、最後の写真はあれは茎でしょうか、
こうなると観葉植物的な感じでこの花後だけでも、見ごたえがある、というものです。

よほど土と気候が合ったんですね。来年は普通に戻っちゃうんですか?これだけ気合いが入っていたら来年も半分くらいは咲いてほしいですね。
 
 
 
ちのとさんへ (sh5986)
2007-08-10 11:12:06
あれが茎なんです。
本によると茎が扁平になり、花が多く咲く異常現象だそうです。
写真の茎は今も私のところにあります。
ユリのお化けです。

飯田の新聞に載せ、ブログに載せました。
以前は家の周辺にヤマユリがいっぱい咲いていたというから、ちのとさんの家のタカサゴユリと同じだと思います。
イノシシにやられなければ、ヤマユリの群生がみられ、ササユリも増えてくるだろうと楽しみにしています。
 
 
 
お見事!!! (nom)
2007-08-10 19:36:20
おぉ~~ これですね~~~ 素晴らしいです!!! 
お話を聞いて どんなんだろうと 想像していたのですが 
こんなフウに咲いていたとは… 一つ一つの花も しっかり綺麗だし 
ただただ 驚きです!!! 142個ですか…数えるのも 大変でしたね!

来年は フツーに戻るとのこと。気候や土壌が 合っているのは
分かりますが これだけの花を咲かせるのは 
球根が とっても疲れることだとも思います。 
だから 勿体ないような気もしますが 少しだけ安堵もしています。 

自然の作り出す不思議・脅威 とても貴重なものを 見せていただき
ありがとうございました。
 
 
 
NOMさんへ (sh5986)
2007-08-12 08:10:28
よいコメントをいただきありがとうございます。
花後の茎をみてびっくりです。
どうしてこんなに大きい茎ができるのかお化けとしかいいようがありません。
来年はこの場所でどんな花を咲かせるか、イノシシ対策も講じたようですから楽しみです。
家のすぐ裏の斜面にヤマユリが群生しているのです。今年は数が少なかったようですが、多くの花がつけば素晴らしいです。
この斜面、以前は一面ワラビが生えていましたが、最近はあまり生えないようです。
オオウバユリが群生して咲いているようですから、お盆にはいきますのでいろいろ撮ってこようと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。