つらいと思う日々に

いたずらにわが身世にふる・・・

未知との遭遇

2018-12-27 | Weblog
未知との遭遇はそろそろ現実になる。
受け入れることのできないものはどこにでもいるが、
寛大を理解するものは、準備があるために恐怖とならない。

心は虚空である。自分次第で現象の良し悪しに別れる。
分別には時間を要するが、もし、よるべきなにものもない空間とするなら、
瞬時を得る。人間もようやく量子を知る人は知る。
思考は右にして左目に映る。それは、どうにでもなる自分の未来だから、
寛大であることで思い道理。観音力の心得である。

善は、善悪のないためと理解したなら、
間違いなく未知との遭遇は、光の使者たちである。

天は、助けるものを助けると訓えている。

貧しきものは幸いである。子供のように!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 地球の青さは涙色 | トップ | まばゆくて見難い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事