つらいと思う日々に

いたずらにわが身世にふる・・・

円の気、阿と呍

2017-08-15 | Weblog
縁離留と縁気は阿云の下より現れて、
その質の違いから、確執を持つ。
この確執は第三の智者によって解決に至るが、
円離留と縁気は、自分たちも未だ見たことのない力に、
為す術がなく阿云の力を求めるも、阿云とて、
次元の違う力に太刀打ちできないことを察知、
ただひれ伏すのみである。
力の差は宇宙のごとく広大にしてあり、
悉く傲慢さを打ち砕く。
謙虚に勝る力はなく、負けを知らないものに
平穏がないことを示し、
力の誇示を訝る。
怖いもの知らずは、やがて、立ち上がることを奪われて、
ふたたびを得ず、劫を要して反省に与る。

如何なるものも頂点はなく、同等を理解しなければならない。
法は非情である。
生命の情に動かされることは無い。
ただ慈悲をもって対立にあるものである。
この慈と悲の選択は自由であり、生命エネルギーの自由に
任せられてある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今更の過ちと切っ掛け | トップ | 優越感をくすぐる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事