つらいと思う日々に

いたずらにわが身世にふる・・・

何の秩序?

2017-08-29 | Weblog
戦争は起こる。
世界大戦は、第一次と第二次まできている。
二度あることは三度あるといわれる。

人間というのは、愚かなものである。
過去に学びながらも、過ちを繰り返す。
世界中の国々、その歴史は戦争である。
島国である単民族日本にあっても、戦の歴史は
承知の通り。人間は争うことで生きてきた悲しい動物である。
動物であるために、弱肉強食にして命を保っている。
互いに出遭ったら最後、いがみ合い争うのである。
人間は、スーツを着た獣に過ぎない。
まるで、見せかけてある自然のようである。
美しくありながら、しかし、醜さを見せる。
動物であるための秩序であろうか?
コメント