つらいと思う日々に

いたずらにわが身世にふる・・・

愚かの末路

2017-08-23 | Weblog
不穏は現実化する。
恐れをなしてか、
一時平穏さを取り戻したかのようになるものの、
混沌としているものは、急きょぶつかり合う。
まじりあうことは跳ね上がることで決着する。
そういうものである。
のど元過ぎて熱さ忘れる人の愚かさである。
過去の歴史は、繰り返すことを示して、
ただ長短の不規則にして、愚かな末路あらわす。
コメント