丹波の村寺 浄土真宗竹内山真證寺 (連絡先 SGL02242@yahoo.co.jp)音楽法要・念仏瞑想のお寺です

京都府亀岡市曽我部町にある真宗寺院。
アクセス 亀岡駅から学園大行きバス10分、南条局前下車、徒歩3分。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

野口整体と仏教と風邪

2016-10-12 16:17:24 | 日記
久しぶり風邪を引いています。昨夜は38.8度まで発熱して、咳き込みが激しかったです。整体では風邪は体の大掃除と言います。
野口晴哉先生に教えていただいた、活元運動・足湯(そくとう)・後頭部の温湿布・頚上の温湿布などしています。「私の体は、私の頭より賢い』これは、錐体外路系の訓練である活元運動に対する理解 法ですね。発熱は2度の頂点を待って、翌朝には37度に、夕方には平温に戻りました。しかし、体は何と計画的に調整していくんでしょう。当初、痛んでいた左の気管支と背中のコリを取ろうと、揉んだりしていました。すると、左の疼痛が消滅すると同時に、右の気管支がひどく痛むようになりました。これは、左右のバランスを回復しているのだなと思い、解熱せずに、体による治療に任せていましたら、今は、両方の痛みや苦しさが消えています。天心であることが大切と言われますが、これが仏教でいう無我の状況なんだと思います。青空のような気持ちで、ポカーンと任せている・・これってまるで、親鸞のいう他力ではないですか?
 風邪の中で、親鸞とマインドフルネスというメモができました。
興味のある方は、ご連絡ください。
 真證寺 16代 竹内好宏
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 仏教の理論と悟りの体得 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事