YBR125 おっさんリターンライダー

50歳代。YAMAHA YBR125とPENTAX K系デジカメと鉄道オタクのブログ初心者。 気の向くままに書いてます。

前後タイヤをリプレース。

2018-10-14 22:55:07 | 日記

朝、いつもの如く岩船寺へ買い出しに出かける。

  今年は台風や雨の影響で、野菜の出来があまり良くないそうだ。

去年の今頃はおいしい漬物類があったのだが、残念である。  鷹の爪・梅干・胡瓜の漬物等を購入。

伏見区の宇治川・観月橋の北詰にある、いつも気になってた石碑。 

手前にあるのは「明治天皇御駐輦所觀月橋」。 「駐輦」は「ちゅうれん」と読む。 「れん」は天子の乗り物の意。

明治十年二月七日、天皇が関西行幸で神武天皇陵へ向かう途中、ここで休息された地。 

昭和十三年三月 京都府建立とある。 

奥側は「淀川維持區域標」 「京都市伏見區豊後橋町」。 画像には無いが、「昭和六年四月一日 内務省」とある。

奥の鉄橋は近鉄京都線の澱川橋梁。 以前の記事に登場したが、トラス橋としては日本最長スパン(164.59m)を誇る。

1928年(昭和3年)建設なので既に90年を経過しているが、今見てもきれいなトラスである。

 

午後、注文しておいたタイヤが入荷したので、タイヤショップへ。 

 今回も前後DUNLOP K527。  Fr:3.00-18 Rr:3.25-18。

Frディスクブレーキパッドは去年9月に交換後13,000kmほど走行しているが、残厚4mm以上。 まだまだ余裕。

Rrブレーキシューは残厚2.0mmほど。 1年後には交換時期になりそうである。

Frタイヤは2016年10月から約21,000km・Rrタイヤは2017年11月から約10,700km使用。

 前後フレッシュタイヤになりました。   Rrタイヤは回転方向指定。

作業時間は約40分。 いつもながら手際がいい。 作業後の完成検査も二人で呼称・工具を当てて確認。

皮むき前なので、慎重に走行して帰宅。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 献血 & Bトレインショーティー。 | トップ | 東海道の宿場へ タイヤの皮... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事