YBR125 おっさんリターンライダー

50歳代。YAMAHA YBR125とPENTAX K系デジカメと鉄道オタクのブログ初心者。 気の向くままに書いてます。

山添村・神野山 & 三国越林道。

2018-09-23 20:26:00 | 日記

R24-K80を東進、K272を神野山自然公園へ。 

途中にある「鍋倉渓」。 黒い岩石が谷を埋めている。

橋の上流側。 

下流側。 

説明書き看板によると、風化しにくい「角閃斑糲岩(かくせんはんれいがん)」という深成岩の一種が、谷に集まったものらしい。

    

以前にも来たことがある、森林科学館。 重複する記事画像があるのはお許しを。

   樹齢400年の杉の年輪。 

名張市方面を望む。 

森林科学館内の木製ハイブリッド車「もっくん」。 

木炭ガスを発生させ、燃焼ガスで発電機を回してバッテリへ蓄電&ルーフのソーラーパネルで発電。 

  バッテリで走行モーターを駆動。 走行可能距離はどれくらいなんだろうか。

運転席はこんな感じ。  昔流行したステアリングが懐かしいw

昆虫類の標本。   おっさんの小学生時代を思い出す。 よく昆虫採集に出かけた記憶がある。

K80-広域農道でK4へワープ、F753-R163-島ヶ原で木津川を渡り、

林道三国越線の入口に取り付く。  童仙房方面へ向かう。

あちこちに台風21号の傷跡が。   

 いつもの東屋で一服。  

童仙房の集落に到着。  

 ここから一旦、林道から大河原へ下り、再び同じ道を登る。 目的は以前に走った時に、気になってた「ひらがな」の看板。

看板は下りからは全く見えないので、登りつつ撮影。

「きんしろばたけ」  「せとんころ」  「うまざか」 

「だんごみっつ」  意味不明w

小さな、美しい流れ。 

「やすんば」(やすみば) Ω状のコーナー。  「ながざか」  直線の急勾配。

「ななまがり」  さほど急コーナーは無いが。 「よだんがえし」  さらに意味不明。

帰宅後にネット検索したが、いずれのひらがなもヒットしなかった。

 

林道は倒木や落石があり、路面は荒れている。 慎重に通過する。 

茶畑の斜面を見つつ下る。

 

  F62木屋峠に戻り、先日通行止めだったF62犬打峠へ。

犬打峠の下り途中。 

路肩が崩落して木が倒れてた。

宇治川ライン京都方面は落石のため通行止め。  滋賀県側を迂回してF242炭山経由で宇治市へ。 

17:00過ぎ帰宅。

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 謎肉祭 & Dr. Yellow。 | トップ | 舞鶴・ドライブインダルマ・... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事