相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

国の重要文化財指定の「旧永井家住宅」

2018-03-10 21:13:22 | 建造物
東京都町田市野津田町に町田市立の都市公園で「新東京百景」、「日本の歴史公園100選」、「東京都指定名勝」に選定・指定されている「薬師池公園」はある。1976年(昭和51)開園、面積は141,654㎡。公園の中心部に当園の美しい景観を創り出している「薬師池」がある。当園には江戸時代の「旧永井家住宅」と「旧荻野家住宅」2棟の古民家が移築復元されている。国の重要文化財指定の「旧永井家住宅」は多摩丘陵で代々農家を営んでいた家屋で建築年代は17世紀末頃と推定される住宅である。都内では最古の建物(住宅)で「寄棟造」、「茅葺」である。正面に土庇、土間側面に突出部を設け屋根を葺いている。屋内平面は「広間型三間取り」で下手を土間、床上には「ヒロマ(広間)」、「デイ(板敷)」、「ヘヤ(部屋)」の構成となっている。古の暮らしぶり、生活の匂いが感じられる建物(住宅)である。(1802)






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「相模原麻溝公園」で咲き乱... | トップ | 「第14回 相模川芝ざくらまつ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

建造物」カテゴリの最新記事