相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

実りの秋~頭を垂れる稲穂かな!!

2020-09-17 10:00:29 | 棚田&水田
相模原南区新戸、相模線(相武台下)から相模川の間一帯にはそれこそ一面が「水田」(稲田)が広がって黄金色に輝いき美しい光景となっている。「お米」作りはまず「田んぼ」、「苗の準備」、「田植え」、その間の除草、害虫駆除などの作業から5ヶ月間という長い期間と時間が掛かり大変な労苦である。梅雨時には台風、大雨に耐えさせなければならない。9月になり稲穂も首・頭を垂れるほど実ってきた。今月後半から稲狩りが始まり間もなくお米の収穫シーズン到来となる。稲刈りが終わったら「ハゼ」に架けられ乾燥させる。黄金色に染められた自然の芸術とでもいうべき「稲穂美」はこの秋だけの光景&風景である。今年の出来具合は7月の低温や大雨、日照不足の影響が見込まれ「やや不良」の予想。「実りの秋」間もなく美味しいお米がお店に並び食する日も近い。(2009)
 
 
 


コメント   この記事についてブログを書く
« 今年4月にオープンした「シモ... | トップ | 代田村の鎮守であった「代田... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

棚田&水田」カテゴリの最新記事