相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

下溝の「天応院」の末寺「秀珍山宝光寺」

2018-01-17 15:44:00 | 寺院
相模原市上溝元町に江戸時代には寺子屋を開き教育の場でもあった曹洞宗の寺院「秀珍山宝光寺」はある。曹洞宗の本山は福井県の「永平寺」、神奈川県の「總持寺」で下溝の「天応院」の末寺である。寺伝によると天文年間(1532~1547)、当時地領であった大石源左衛門定久が出家し娘の向西尼とともに上溝本郷に「向西庵」にて修行、その後慶長年間(1596~1615)に名主佐藤対馬が現地に移し、名も「宝光寺」として開基。本尊は「釋迦牟尼佛」である。「山門」を抜けると正面に「本堂」があり堂内は文殊菩薩、達磨大師、普賢菩薩、虚空蔵菩薩等の諸仏を祀る。境内右手には「庫裡」、「鐘楼」、本堂左手には「平和聖観音像」、「聖徳太子像」、「地蔵菩薩」、「子育て地蔵」がある。そして上溝地区の「片野湘雲」(日本画家)と「井上篤斉」(医者)の著名人碑がある。新年ながら静かな寺域であった。(1801)






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二宮「吾妻山公園」~6万株の... | トップ | 日本が世界に誇る上質な大人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

寺院」カテゴリの最新記事