相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

三百年の歴史を刻む「武蔵国鶴間熊野神社」

2019-11-08 10:05:15 | 神社

町田市鶴間に武蔵国鶴間熊野神社」はある。創建年代等は不詳だが熊野信仰が盛んになった数百年前に熊野本宮社より勧請、享保11年(1726)には本殿を当時の名匠蔵並七郎、同善介、同八重郎により造立した本殿の左右の扉に墨書が記載されている。祭神は伊弉諾命、伊弉冊命二柱を奉斎安永6年、安政5年、昭和11年と再建を繰り返し、現在の社殿は権現造りの鉄筋コンクリートで昭和46年再建された。国道16号線横浜インタ手前に「石鳥居」と朱色の「社殿」が構えられている。千坪ほどある広い境内正面に「社殿」があり、朱色の拝殿は現在彫刻部を修復中であるが非常に格式高いことが窺える。「拝殿」前のテントには50株ほどの菊が展示されていた。境外末社は町谷の八坂神社、大ケ谷の日枝、大六天社がある。


コメント   この記事についてブログを書く
« 「南町田グランベリーパーク... | トップ | 来週開園の「鶴間公園」は秋... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神社」カテゴリの最新記事