相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

上鶴間村小名中和田の鎮守、市内最古の「長嶋神社」

2019-11-07 14:21:08 | 神社

相模原市上鶴間本町に江戸期には上鶴間村小名中和田の鎮守社で市内最古の神社長嶋神社はある。創建年代は定かでないが鎌倉時代頃と推定される。近く道正山から康歴年間(1379~81)板碑が発掘、2010年に明暦3年(1657)に書かれた鮮明な棟札が発見されたことで裏付けされる。これまでは元禄16年(1688)に再建に関った大工の墨書に基づいていた。御祭神は伊邪那岐命、伊邪那美命である。国道16号線「中和田交差点」から東の方へ数百m下った坂道にある。もう既に七五三の飾り付けがなされている「鳥居」を抜けると境内には正面に茅葺屋根を銅板葺本殿、左に神楽殿、本殿の右に併祀神社で須佐能男命を祭神とする八坂神社白瀧弁財天、「北向庚申塔」、大山不動や地神塔などの「石宮」が祀られている。(1911)

コメント   この記事についてブログを書く
« 焼失した「流球王国の象徴=首... | トップ | 「南町田グランベリーパーク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神社」カテゴリの最新記事