星降るベランダ

めざせ、アルプスの空気、体内ツェルマット
クロネコチャンは月に~夜空には人の運命の数だけ星がまたたいている

フー

2009-10-13 | ネコの映画・ドラマ
どこかで失恋した女の子が、やっているかもしれない。
彼の名前を空中に書いて、そっと息をふきかける…フー
すると、文字は、分解して、~~~ すーっとどこかに飛んでいく。

シネリーブルで「空気人形」(監督:是枝裕和)を観た。
青い空を見上げるペ・ドゥナの眼は、「アメショっす」の銀チャンのようだ。

                  

世界を初めて見た彼女は、水滴に触れ、ウ・ツ・ク・シ・イ と言った。
それが持ってはいけない心を持ってしまった彼女の最初の言葉。

街の風景の中に、ぽつんと書かれた「空気人形」というタイトル文字が、彼女の小さな息で~~と飛んでいく。
彼女のその息はラストシーンの、タンポポの綿毛に繋がっている。

世界は見知らぬひとりひとりが、知らない間につながっているのだろうか。
吉野弘の「生命は」という詩のように。

  生命は/自分自身だけでは完結できないようにつくられているらしい/
  花も/めしべとおしべが揃っているだけでは/不充分で/
  虫や風が訪れて/めしべとおしべを仲立ちする/
  生命は/その中に欠如を抱き/それを他者から満たしてもらうのだ/
  世界は多分/他者の総和/
  しかし/互いに欠如を満たすなどとは/知りもせず/知らされもせず/
  ばらまかれている者同士/無関心でいられる間柄/
  ときにうとましく思うことさえも許されている間柄/
  そのように/世界がゆるやかに構成されているのはなぜ?/
  花が咲いている/すぐ近くまで/
  虻(アブ)の姿をした他者が/光をまとって飛んできている/
  私も あるとき/誰かのための虻だったろう/
  あなたも あるとき/私のための風だったかもしれない

都会の中の物語だけど、静かだ。息の音が聞き取れるくらい静かだ。
手に持つ袋の中のラムネのガラス玉のコロンコロンがバックミュージックのように聞こえる。ペドゥナのカタコトと実によく合った音楽。

「あなたの息で私を満たして…」というシーンは、見ている私の息が止まった。
空気人形の悲しさとはかなさを示す、透きとおった影。

空気人形を作ったのはジョゼッペじいさんと似ていないオダギリ・ジョーさん。
この人が登場すると、空気が違う。
「おかえり」静かな彼の言葉は、神聖なもののように心に届く。
「この世界で、きれいなものを見た?」自ら答は言わない、問いかけしかしない神様。
いや、ひとつだけ答えた。「それは、燃えるゴミ・燃えないゴミの違いだ」と。神は残酷でもある。
その言葉をしっかり人形は覚えていた。

映画は、過食症の人間の女の子の「キレイ」という言葉で終わる。
何であれ世界をウツクシイと感じた彼女は、空気人形のように、これから町に出て新しい生活を始めるのだろうか。

人間は、時々ため息を出せるくらいの空気を内に抱えて生きている。
「フー」
…今、私から出ていった空気は、何かを誰かのところへ運んでいくのかしら。

*丸々とした可愛い白黒ネコさんが2カ所で登場しています。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 星まで散歩 | トップ | アートフリーマーケット »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ネコの映画・ドラマ」カテゴリの最新記事