山と溪を旅して

丹沢の溪でヤマメと遊び、風と戯れて心を解き放つ。林間の溪で料理を造り、お酒に酔いしれてまったり眠る。それが至福の時間。

みずがき逍遥

2016-09-18 16:17:28 | キノコ狩り
この小渓を越えて緩やかな斜面を登るとカラマツ林がどこまでも続いている。
還暦を過ぎた故障持ちの男がふたり、そぞろ歩くにはうってつけの穏やかな林を選んで入山した。
瑞垣は恩賜林であるがゆえに広大な森は一様に良く管理されていて実に心地よく、幾筋もの小渓が清涼な空気を生んでいる。





もういい時期になったであろうと太っちょボブさんを誘って出かけたのだけれど
探せど探せどハナイクチが見当たらない、先行者の足跡もあるにはあるけれどそれにしてもおかしい。
キノコ採りに入っていた地元の方に話をきいてみると今年は1週間遅れているそうで合点がいった。





いつもより慎重に目を凝らしてさがしていると思い出したようにハナイグチが現れる。





一時間もすれば篭が一杯になると楽観していたのだけれど甘かったか?





数が少ないからこそ出会えたときの嬉しさもひとしおであった。





ボブさんもハナイグチの特徴を把握したようでそれなりに収穫できたようだ。





2時間ほどカラマツ林を散策してからミズナラの林を抜けて沢の畔に向かう。
左肩を痛めているためか、たった20Lのザックが重く感じて、しかも鈍痛が続いて辛いこと辛いこと。
レントゲンの所見によると60肩ではなくてもっと厄介な症状だそうでしばらくは重いザックを背負えなくなった。





例年に比べたら余りにも貧果ではあるけれど山飯の分だけはなんとか確保できた。





小渓の畔で思い思いに山飯を作る。

 
 



友と語らいながらの山飯ならこれだけで十分なご馳走になる。
いつもならビ-ルの後でたっぷり午睡を楽しむのだけれど、、、、、、





せっかくだから岩魚の顔も見てみたい、この小渓ならウェ-ディングシュ-ズの必要もないお手軽な釣りになる。





先行者がいたのだろうか、この小さなながれも渋かった。
ボブさんも僕も可愛い岩魚を一尾づつ、それでも頬がほころんでしまうのは60男の寛容さのなせる技かと自画自賛である。

 


逍遥というのにふさわしい瑞垣のそぞろ歩きが楽しかった。
次は紅葉の牛の寝通りかな、、、、、
ジャンル:
ウェブログ
コメント (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森で遊ぶ | トップ | 釣れない最終釣行 »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しっとり (兵庫の釣り師)
2016-09-18 17:40:29
いつ見ても瑞垣はしっとりしたいい森ですね。
ネットて調べてみると恩賜林は明治末期に山梨県に下賜
された御料林だということで管理が行き届いているのがうなずけました。

山歩きは同じ年頃が体力も歩くペースも近いのでいいですね。
山飯もおそらくささっと作られるのでしょうが森の中ならごで十分なごちそうではありませんか。
山で鮎の干物なんてビールが進みそうではありませんか?

ところで肩の具合が悪いそうですが如何ですか?
ザックが背負えないのは高崎さんにとっては死ねといっているようなもの、心配ですねえ。
ラスト4週間 (へっぽこフライ師)
2016-09-18 19:06:45
瑞垣‥瑞垣‥瑞垣~って、喜んで連呼してはいけませんね。
逍遥という素敵な響きが台無しになってしまいそうです。

渓流も禁漁秒読み段階に突入したというのに今度は不気味な台風16号。
もう、なるよになってしまえ~と半ば開き直っております。

楽しみにしていた天空のお裾分けは少々難しい感じでしょうか。
ご無理はせず、くれぐれもお大事にしてください。
山ご飯 (ゆっき-)
2016-09-18 22:48:23
みずがきの森もしっとりとしていて大好きです。
でも最近、みずがきと牛の寝通りのなだらかで楽ちんな山ばかりではないですか。

私は雨が確定的な黒部五郎ですが、16号の台風一過の奇跡を信じて準備しています。
もしダメなら日帰りか小屋泊まり1泊で登れる山を選択しようと考えています。

高崎さんは肩が心配ですね。
ザックが背負えないほどの症状だとしばらくは山を諦めるのですか?
9月が天候不順でムリでも10月は快晴が続いてくれそうな予感がするのですが、、、
恩賜林 (高崎)
2016-09-19 01:33:00
兵庫の釣り師さん

恩賜林といっても山によって管理には大きな差があるようで瑞垣の森は実にいい雰囲気を醸しています。
確かに山歩きは歩くペースが同じくらいが疲れなくていいですね。
写真を撮ったり展望を楽しんだりしながら同じペースで歩けるのが一番です。
鮎の一夜干しを山で頂く、これビールが進んで幸せな気分に浸れた次第です。

足と腰はなんとか復調したのですが今度は左肩がイカれてしまったようです。
四六時中鈍痛が続くし、腕を上げようとすると痛くて動かせません。

困りました!
ラスト釣行 (高崎)
2016-09-19 01:38:25
へっぽこフライ師さん

今年はなにもできないうちにシーズンが終わってしまいそうだす。
今回がラスト釣行になりそうで悲しくなりますが天候ばかりはいかんともしがたく、、、

ザックが背負えないので当分山もお預けになりそうなので
へっぽこさんの最後の足掻き釣行レポを楽しみに待つ毎日になりそうだす。

神奈川の禁漁までにはあと何回かチャンスが訪れるでしょうからデッカイ最後っ屁をかまして欲しいですねえ。
黒五 (高崎)
2016-09-19 01:46:34
ゆっき-さん

左肩があきまへん。
レントゲン画像では肩関節の間に何か異物が見えるのです。
石灰化したものかもということですが血液検査の結果を待っているところです。

ザックを背負うとつらい鈍痛が続くし、左腕が思うに任せないので
北アルプスのような岩ゴロの登りは危険だし難しくなりました。

黒五、雨交じりを覚悟なら何とかチャンスはありそうですね。
登山道も岩場も滑って危険なので十分に注意して下さいね。
土日は回復するようなので土曜日に鷲羽か黒五を踏めるような計画がベストでしょうか?

どうか気を付けていい山旅ができますように!
きのこ (相模の釣師)
2016-09-19 08:00:57
いや~きのこ祭りっすね~こんな贅沢普通じゃ味わえませんからね~
私の予定も台風により断念の気配がぷんぷんしております・・・・
しかし旨そうなランチです♪
初づくし (太っちょボブ)
2016-09-19 11:02:26
お疲れさまでした。

お陰様で私は瑞牆の森、キノコ採り、ちょうちん釣りの
チビ岩魚と初物づくしで楽しさとおいしさ、そしてなんと
言っても瑞牆の森の涼冷で爽やかな雰囲気を満喫し、
最高の山遊びができました。
ありがとうございました!

私はやっと携帯からPCに写真をLINK転送したところ
なので近日中にブログアップします。

左肩の激痛が心配です、どうかお大事にして下さい。
牛の寝は肩が快方して無理なく行けそうになったら
出かけたいですね。
鮎とは (Kz)
2016-09-19 11:11:24
数は少ないけどいい感じの山飯だね
山飯で鮎の一夜干しもこりゃおもしろい
太っちょボブさんていうからコロコロに太っているのかと思っていたら極く普通じゃあないですか。

ところで左肩は重症みたいだけど心配だねえ
重いザックを担げないと当然山はムリだもんね
老後の楽しみがなくなったら生きている甲斐がなくなっちまう

良くなるといいんだけど。
Unknown (papachan)
2016-09-19 12:49:20
高崎さん、こんにちは!
キノコ採って、イワナ釣って、飲んで、食べて…、秋を満喫されていますね。
私も昨日仲間と釣りに行ったのですが、そこら中に生えているキノコを見ながら、「たぶん食べられそう」と思いつつも勇気がなくて手を出せませんでした。
高崎さんのブログで、ハナイグチの姿かたちはインプットされていますので、そろそろ私も瑞牆に行ってみたいと考えているところです。
でも雨がねぇ。カラッと晴れてほしいものです。

コメントを投稿

キノコ狩り」カテゴリの最新記事