MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

牙狼之介

2019-01-14 19:26:20 | 邦画
一日一本時代劇を見ていく企画
本日の一本は、フジテレビ時代劇ドラマ「三匹の侍」で、
テレビ時代劇に新風を吹き込んだフジテレビ社員ディレクター五社英雄の東映映画監督作品

「三匹の侍」で肉斬SEと剣戟での剣の触れあうSEや空を斬るSEと
ちょっとしたお色気と言うか着物の裾を乱して太股チラりのお色気でTV時代劇に新風を吹き込んだ五社英雄さん
本名かどうか知りませんが
当時の邦画会社が五社協定結びスターをガッチリと囲って
邦画各社へはもちろん
映画会社が驚異を感じていたTVにも出演させない時に「三匹の侍」を製作演出して

その手腕を買われ逆に映画へはその名の通りフジテレビ社員のままに松竹で「三匹の侍」を映画化
東映では中村錦之助で「丹下左膳・飛燕居合斬り」を監督して
ある程度の結果を出したという事で
当時東映主流の任侠路線の併映作品として
東映専属になった夏八木勲主演で
”三匹”同様に流れ者の浪人を主人公にした作品

66年製作ですので時代的に劇画ブームはまだ起きてなせんので
完全に五社監督のオリジナル作品
ただし脚本は田坂啓
五社さんはフジテレビ社員のままに監督してます
一連の五社作品を東映で乱発させるのはフリーになってから

盲目の宿場問屋の女主人から、三万両の護衛を頼まれる牙狼之介
問屋場の権利を狙う紀州藩認可の役人でヤクザの仁左右衛門は
代官と組んで三万両強奪を狙う
仁左衛門に用心棒として雇われた素浪人と、宿場の女郎宿の女主人らがからんで、
三万両をめぐっての三巴、四巴の三万両の攻防戦が展開されます

そこは五社さんですから物語のティストは「三匹の侍」の1
エピソードみたいなお話しは娯楽時代劇と言うか、どことなくマカロニウエスタン風土でもあり、結構楽しめる作品になっている面白さも三分の一等ということはないので、ご安心を。

五社監督お得意のチラりお色気のキャット・ファイトもありましたねぇ二組も・・・
また狼之介が斬った佐藤京一演じる聾唖の素浪人が飼っていた子猿が最後まで絡んでくるのね

日本映画専門チャンネルで録画したものを視聴
本編はVHS、DVD共に未ソフト化作品

1966年製作、日本映画、東映作品
五社英雄原案・監督作品
出演:夏八木勲内田良平、遠藤辰雄、宮園純子、富永美沙子、佐藤京一、西田良、阿波地大輔、青木義朗、織本順吉、汐路章、武智豊子
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ブラッド・リベンジ 奪還のボ... | トップ | 牙狼之介 地獄切り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事