MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

哀しき抗争 第2章

2017-08-26 23:17:12 | Vシネマ
松田一三企画・主演のヤクザドラマの2本撮りの完結篇ですが
前作とうって変わってなんだか話の進みが遅いし
武闘派・木川田を演じる武田幸三のある意味キ◯ガイぶりもある意味空回りと言うか
彼の描写も少なく、せめてヤクザVシネですから
敵対する組織との武力での抗争もなく
前作で伊吹吾郎を襲っただけであとはゲンナマの実弾の飛ばしあいで
数を頼んでの勢力を争うだけと言う展開だけならともかくも

お話の中心は
育ての親分誠太郎の家で兄妹のように育てられた麻衣と龍夫と昇の
三人の男女のそれぞれ実らない交錯する想いをムーディ歌謡ロマンみたいに延々と描いてるだけで
まあこんな雰囲気はオールイン作品では始めてだし金子昇はともかくとして
松田一三の苦虫を噛み潰したような顔芸には似合わねえし、
麻衣を演じてるサヘル・ローズがどっから見ても日本語が堪能だとしても
基本日本人の顔じゃないから、いかに絵にはなっていても見てるこっちには違和感しか感じませんでしたが
演技てきには学芸会じゃなかったのが救いでしたが
ムーディにはほど遠いもどかしさを感じて・・・

これなら70分前後の尺での2本撮りではなくて90分前後の1本にした方がドラマとしては凝縮されて見ごたえがありそうな・・・
ま、オールインの基本商売が2本撮りと言うことで予告編を仕方ないんだろうけど

一方昇は、龍夫に隠してきた自分がヤクザである事を告白するけどあっさり受け入れられてしまうのね
金子昇の惨殺シーンはお約束ですよねぇそれがないと松田一三がうごけないけども
惹句にあるようなラスト10分の武田幸三と松田一三との殺陣も思ったほどのケレンではなかったのが残念

松田一三自体は何がやりたかったのかわからない企画でしたが
製作会社のofficeMHって松田一三が作った企画会社の名前なのかしらね

2017年製作、日本Vシネマ、officeMH作品
すぎやまたろう脚本・監督作品、松田一三企画・出演
出演:金子昇渡辺裕之、武田幸三、サヘル・ローズ、丸純子、水沢アキ、伊吹五郎
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 韓国に流れて来た女 | トップ | タイムトラベラーの系譜 ルビ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Vシネマ」カテゴリの最新記事