MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

ミッドナイト・ランナー

2018-09-20 15:08:55 | 韓国映画
今月は韓国映画のDVDリリースが結構多い
それも9月5日辺りに集中していて、一応これで今月の韓国映画のDVD鑑賞は最後になるのかな
警察官になるための警察大学校に入った頭のよい青年と肉体派の凸凹コンビの主人公二人
こういう寸法の映画って米国映画でよく見る設定で、
オープニングからこの二人ソリが合いませんが、次第に信頼しあえる仲にって言うのはもう世界共通の設定ですが、

休日ナンパに出かけた街中で若い娘が目前で誘拐されるのを目撃して
最初は自分の足でバンを追いかけますが勿論追いつかないので
タクシーで所轄?の警察に届けますが、お金持ちのお坊っちゃまが誘拐されたとかで
全く相手にしてくれない

さらに追跡中に頭のよい方が覚えていた誘拐車のナンバーが該当しないとか
何だかんだ後回しにされてしまい・・・
警察学校のお話で普通に警察は素晴らしいって言うようなある意味プロパガンダ的な
警察讃歌の映画になってるのかって思っていましたが
やっぱそこは韓国映画
警察の権威主義、敢えて犯罪に目を向けずに日和る警察の幹部
末端警官のおバカ振りは健在だったのが実に嬉しかった

本当に役にたたない韓国警察に任せておけないと
自分達だけで事件を追う内に、ただの誘拐ではなく人身売買だったと大きな事件に発展していくんですね

授業で教わった誘拐された人命の生存時間の7時間が迫るなか急がなければ少女達を救えない
だけど2人だけでは限界もあると暴力団に立ち向かうものも多勢に無勢で交番に逃げ込むと
不審ということで手錠をかけちゃうおバカ振りはもうお約束

学校の教授に助けられるものの、教授も現場での事件性を認めるものの
広域も特捜も現在携われないとけんもほろろ
韓国警察の面目躍如な描写が実に嬉しいのに
追い打ちを掛けるように教授もここで学校に戻らねば不服従で退学だとか

それでも諦めない2人でして、最初の方に出て来てた女の鬼教官にお願い申し上げてバンを
交通監視システムから探しだしてもらって・・・
結局はめでたしのお話に・・・
しかしアメリカ映画だと表彰とか成績優秀とかで表彰去れるような終わらせ方なんですが

権威主義の韓国警察、なんと二人は表彰というよりは退学だとかのお話になっていくんですね
国民性の違いかと思えるような・・・って言うか警察学校生での続編のための終わらせ方だったのかなぁ

2017年製作、韓国映画(日本公開作品)
キム・ジュファン脚本・監督作品
出演:パク・ソジュン、カン・ハヌル、パク・ハソン、ソン・ドンイル
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎 | トップ | ロスト・イン・北京 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

韓国映画」カテゴリの最新記事