MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

バーフバリ伝説誕生

2018-06-16 03:32:26 | アジア映画
ボリウッドダンスのないインド映画
歴史活劇にはやっぱり物語のプロットに関係なく突然踊り出してダンスのために
ストーリーが中断されるのは・・・観客の感興をそぐということでしょうか
でも一応は史劇ですので、王宮での美女たちのダンスのシーンはあるし

インド映画特有の主人公の内面心理を歌唱で表現する
インド映画特有のミュージカル性はしっかりと受け継がれておりますし
それによってのシーンはミュージカルに合わせて色々と変化するのがいかにもなインド映画です

史劇と言うことで多分にインドに伝わる英雄伝説だとは思うのですが
オープニングでの赤ん坊のシーンとかはどっから見ても「ベンハー」ですよねぇ
王位の血を継ぐバーフバリを認識するマヒィシマテの兵士や奴隷が
村人に川から拾われて育てられた子供を一目見てバーフバリって認識するのは
顔が似てるからだけなんですねぇ

まぁ、同じ役者さんが演じてるだけということではないんでしょうけども
例えば王位の継承を示す痣みたいな特徴的なものとか、
王位の継承を意味する宝物とか何もないのに
皆バーフバリってひざまづいてしまうんですね
ここいらは細かく考えない方がいいのでしょう

でバーフバリと認識されてから、本人が納得するように父親である初代バーフバリに関する王位の継承の賭けて10万のカーラケーヤ軍との高戦いがクライマックスのケレンとなっているんですね
この戦いのシーンが実に凄まじい
死体が飛び交い火だるまになるし
なんと戦車の馬の前にくるくる回って敵を味方を人間楯にされてる国民を斬り裂いていくんですね
弩も飛びますが、火薬のまだ見つからない時代ですから石だけが飛んでいき敵軍を薙ぎ倒すだけですが
それでも十分にケレンとなってるし
CGとの合成ではあるものの、よくまぁこんだけのエキストラを集めに集めたりだし
エキストラに戦闘はさせられないでしょうし
スタントマンもよくまぁ集めたりと思える
インド映画恐るべしですねぇ

二時間十三分の尺の映画でしたが退屈せずに見てられる
一応前後編の二部作ということで面白いところで終わるのは当然ですが
後編は完全版があったり、一部劇場では爆音上映したりと・・・
一応私は前後編と一気見を狙って両方Blu-rayを購入しております

2015年製作、インド映画(日本公開作品)
S・S・ラージャマウリ脚本・監督作品
出演:プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、タマンナー、アヌシュカ・シェッティ、ナーサル、サティヤラージ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 監獄の首領 | トップ | バーフバリ2 王の凱旋 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (ヒロ之)
2018-10-15 13:38:04
こちらにも。
ようやっと1作目観ました。
ラストシーンが印象深い。
あれがあの2作目へと繋がるのかあ、と。
そういう意味では逆順鑑賞でも味のある作品だったかなと思います。
ただ、2作目での迫力を考えると1作目は大人しい目だったかしら、余りドッと盛り上がれなかったのは残念でしたが、でもこうやって人気が爆発した作品に触れられた事は素直に嬉しいです。
トータルでも十分満足できる作品でした。
Unknown (morkohsonimap)
2018-10-15 23:38:03
ヒロ之さん、こちらにもありがとうございます
1作目をご覧になられたンですね
インド映画ってことではないでしょうが
どっから見てもキチンと繋がってるのが素晴らしい
確かに戦闘モブシーンは1ですが
アクション映画としては2が素晴らしいですよね
なんとか<完全版>のDVDリリースして欲しいですよね

コメントを投稿

アジア映画」カテゴリの最新記事