MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

デッドプール2

2018-08-28 02:06:21 | 洋画
マーベルコミックにヒーロー映画でありながらもR指定のヒーロー映画です
前作が実にブラックなのにかなりなヒットだったんで続編が作られました
日本でもヒットしたので劇場公開が本国アメリカとほぼ同日公開ってことで
米国盤のBlu-rayは日本と殆ど変わらなくなってしまってるんですねぇ
と言うことで昨日購入してきました
2枚組のBlu-rayですがなんと一方はR指定の2時間の劇場公開版
もう一枚は劇場公開版よりも15分永いunrated版
今回は日本盤のBlu-rayでもこの15分永い版もパッケージに同梱されて発売されるようですね

もちろん永い映画は嫌いな私ですが未公開の長尺版が好きなのでunrated版の方を鑑賞

オープニングからして俺ちゃんの自殺シーンから、
恋人ヴァネッサを殺されてヤケになった俺ちゃんが、
家中のガスを放出してライター点火の大爆発
さすがの俺ちゃんはもちろん四分五裂に・・・
ってもそこは死ねない不死身の俺ちゃんですからねぇ

恋人ヴァネッサは前作に引き続いてモリーナ・バッカリン
私の好きな女優さんの一人ですちっパイで美人だし・・・って言うかTVシリーズではDC作品に
ディズニー作品ではないですがFoxのマーベル作品にって両方のコミック実写版にレギュラー出演してる稀有な人でもありますが
死んじゃうけどそこはコミックですからちゃんと戻って来てよかったなぁ

未来からやってきたサイボーグ戦士のケーブルとか
自分を虐待する孤児院の院長を殺そうと恨みに駆られ、
ケーブルの家族殺しの犯人でもあるミュータント少年のラッセルとの交流をしつつお話はハチャメチャに進んでいきます
ラッセルを助けるためにミュータントや一般人をリクルートしたり
彼らがヒコーキから飛び降りて全滅と言うか落下傘で壊滅していく様が不謹慎スギで実に面白いす

さらに冒頭で志分五裂してるのにラッセルに味方する怪力ミュータントに
体を真っ二つに引きちぎられちゃう俺ちゃんとかもう見所満載
事前に情報入れてなかったので見終わって調べて知ったんですが忽那汐里が出演してたんですねピンクのミュータントとして・・・

こういったヒーロー映画としてはメインのヴィランが不在と言う作品ではあるのですが
これでもかこれでもかのアクションの釣瓶うちで
こういった映画としては派手なアクションの出来が実にいい
こんど暇な時にも劇場公開版を見てみようかな

製作会社がFoxということとデッドプールがX-MENからのスピンオフと言うことですので
なんとエンドクレジットの映像ではXーMENの一人として今は死んでしまわれたローガンが
若いローガンがそうなんですよちゃんとヒュー・ジャックマンがノンクレジットで
出演されていたり
映画はちゃんとエンドクレジットが終わるまで見ましょうね

2018年製作、アメリカ映画
デヴィッド・リーチ監督作品
出演:ライアン・レイノルズ、ジョシュ・ブローリン、モリーナ・バッカリン、ジュリアン・デニソン、ザジー・ビーツ、レスリー・アガムズ、ブリアナ・ヒルデブランド、カラン・ソーニ、ジャック・ケシー、忽那汐里、ロブ・ディレイニー、ルイス・タン、ビル・スカルスガルド、ブラッド・ピット
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ボディ・ファンド オークシ... | トップ | 牝牌(メスパイ) 女雀士・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (ヒロ之)
2018-09-20 20:01:56
こちらもコメントありがとうございました。
グロいユーモアが心地良いマーベル映画。
あり得ないアクションが満載だとテンションもうなぎ登りです。
内容も「ターミネーター」のパクリ(笑)みたいなハチャメチャ加減ですが、マーベル映画でも異端児扱いのデップーちゃんですから、そういうのでも許されるんですね、時空を超える装置が違う形で役に立つオチも悲観さが無くなって実に良かったです。
Unknown (morkohsonimap)
2018-09-20 23:33:51
ヒロ之さん、こちらにもありがとうございました
おれちゃんのグロさは、リアル感が薄いのが万人向けになってるようですね
死なないおれちゃんですから時空に関係なく存在してきますので
ウルバリンとの共闘とか対決するような作品を作って欲しいなー

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事