MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

2017-09-16 20:35:20 | 洋画未公開
言わずとしれたマーベルコミックスの実写映画の
アベンジャーズの面々、ファンタスティック・フォー、XーMEN、デアデヴィルやエレクトラに続く第四の波
宇宙空間で大暴れする"ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー"シリーズの第二弾ですが
前作はキャラクターの紹介も兼ねての彼らのたち位置を物語るお話でしたが

今作品はもうキャラたちまくりで宇宙空間におもちゃ箱をひっくり返したような
はちゃめちゃなお話に血の繋がりとか関係なく父と息子のお話でしたかね
1作のよりも完全にパワーアップしていたような
なんたってピーターの育ての親であるヨンドゥが元々いたラヴェジャーズの幹部スタカーとして
何とスタローンが頭とけつにちらっと登場してきてるだけで重みが・・・
ってかエンドクレジットでは色んな宇宙民族を鼓舞していましたのと
今作でピーターの実父?育ての親であるヨンドウも死んじゃってますから
彼がピーターのバックアップとしての活躍があるんだろうと過剰な期待してもいいのな・・・

前作であの大木だったのに小枝になってしまったグルード
相変わらずのヴィン・ディーゼルが声の出演してるんですねぇ
日本じゃかわいく"ボク、グルード"って言ってるのがディーゼルに対抗して強面の遠藤憲一さんだったんですねぇ

相変わらずのピーターの思いでの品であるSONYWalkman初代モデルが壊されてしまうけども
ヨンドウからマイクロソフトの新作がプレゼントされるようで
カート・ラッセルだったんですねぇ実父は
しかし、今作ではビランであるわけで、代わりにヨンドウが育ての父として大活躍
ある意味小気味いいくらいの父親っプリでしたねぇ
生みの親より育ての親であることと

仲間と言う家族の愛情をもガモーラと妹の確執を通して描いていたようでして
ハリウッドは好きだよね家族愛のテーマ
それだけアメリカ社会では家族愛が希薄になってきてるのかなぁ
今の日本でも親が幼児を虐待死させるニュースが増えてるのも事実だし

しかしエンドクレジットで4つも小ネタ映像をいれてくるとは
次回ではグルードも青年くらいになってるようで
バットルができるのかな

気がつくとアライグマについて何も書いてませんけども私はアライグマキャラがいっちゃん好きです・・・とってつけたような(汗

2017年製作、アメリカ映画
ジュエームス・ガン脚本・監督作品
出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、マイケル・ルーカー、シルヴェスター・スタローン、カート・ラッセル、ミシェル・ヨー、デヴィッド・ハッセルホフ、ヴィン・ディーゼル、ブラッドリー・クーパー、セス・グリーン
コメント (2)   トラックバック (2)

オリジン

2017-09-16 06:26:01 | 洋画未公開
9月8日にDVDレンタルリリースされたスウェーデンのSF映画ですが
allcinemaさんには詳細もDVDのリリースに関しても一切でて来てませんが
実際に店頭に並んでいると言うかなり現実も
映画の中身も不思議な映画でしたねぇ

オリジンといったら映画ファンだととあるアニメを思い浮かべるでしょうし
私は先月0ー157の問題からよく使わしていただいてる自分で取り分けるお惣菜とお弁当のお店を思い浮かべるですが、あれ以来オチリジン弁当さん使ってないなぁ

話はスウェーデンのとある大学の生物学部生のエリックとレベッカは、同棲中の恋人同士で
細胞の老化を防ぐ新薬の研究をしていた
何度実験をしても新発見には至らないのは
ジュリアは酵素を使えば何とかなると考えているのだが教授が頑なに彼女の酵素を否定
そんなある日、ジュリアはシャーレのひとつに教授に黙ってひとつにだけ酵素を混入させて
ある意味培養に成功するものの教授には黙っていたのだった

そんな時恋人エリックが末期癌で余命幾ばくもないと分かる
ジュリアと友人のレベッカはエリックにジュリアの培養した臨床試験前の
血清を投与するが・・・

末期癌の恋人になりふり構わず新薬を投与して、
わずかな可能性でも奇跡を起こさせようとするという物語を芯に
そのことに気づいた教授との間での新薬特許の取り合いが絡んで来ると言う
映画としてはある意味単純で分かりやすい

そこに彼氏のために命をかけるジュリアに対してレベッカのジェンダーとしての恋愛感情に、彼氏ひとすじのジュリアに業を煮やしたレベッカは教授と肉体関係を結んでしまったりと
若い男女の様々な恋愛模様が相手に与える心理戦もあいまって

最後はノーベル賞が目の前にちらついた教授が研究施設に火をつけて血清を盗み出しての
4人の男女の血清をめぐっての命がけの戦いが繰り広げられると言う展開に・・・
果たして誰が生き残り、栄冠を手にするのだろうか
一応いってしまいますと新薬の副作用でエリックは命を落としまうのですよ

2016年製作、スウェーデン映画
アンドレアス・クリメント監督作品
出演:リカルド・ビョルク、エメリア・ハンソン、サンドラ・レッドラフ、ラファエル・ペッタソン
コメント

未来戦士アマゾネス

2017-09-16 03:16:34 | OV
5月にリリースされた「未来世紀アマゾネス」の続篇なんでしたので2ヶ月遅れのリリースでしたが2本一気見しました
物語としては、そのお話の主役を今日子先生の下で働いてる科学者の末端の一人であった希美子に変えての
同時進行のプロットでの目線を変えてのお話になってましたが
ジャケットの画像を見ると希美子さんとおっしゃる方はよく言うとかなりなグラマラス
悪く言うとポッチャリなんですが、本編ではそんなポッチャリ感は垣間見れない

多分にAVの人だと思うのですが、ネットを調べてもなにもでて来ない
今のところ私にとっては本編を見終わっても未知のお方というしかない
したがって基本設定は変わらない訳でして、田中政和演じる童貞牧師さんが
食料男性として親衛隊に囚われて、種の保存というよりは男子兵器への再生手段としての被験者に

その担当の希美子と語り合ううちに、希美子は彼に心を奪われていき
女としてはじめて恋愛感情と言うものに目覚めていく過程が実にめんどくさいというか
台詞の応酬が長すぎるが、男女本来の生き方を改めて視聴者にも問いかけて来ていたのね
と言うことで、2作目はここいらがテーマということか
政和と希美子はしっかりとお互いの愛を確かめるためのセックスを・・・

しかし、この後が大変、ここからこの映画はモンスター映画に変わってしまう
男子兵器になってしまった政和は触手を武器としてチ○ポの怪物と成り果てて
親衛隊とテトリストたちを全滅させてしまう

しかし、希美子は無事逃げおおせて、政和の子供を身籠ったと確信し
彼の故郷にたどり着くも、彼女に待ち受けていたのは運命のいたずらだったようで・・・
アクション映画としての要素が強くなってるようでした
いつものようにこの作品も二本撮りしてる作品だったようですね

2017年製作、日本OV、ニューセンチュリー作品
友松直之脚本・監督作品
出演:希美子、田中政和、真木今日子、朝霧涼、範田紗々、青山真希、若林美保、川崎紀里恵、山村茜、雨宮留菜、葵マリー
コメント

未来世紀アマゾネス

2017-09-16 02:51:00 | OV
にセル&レンタルリリースされた
友松直之監督のエロチックOVです
6月に後編がリリースされるのもわかっておりましたので
その時に一気に見ようと購入して約一ヶ月暖めておりました

近未来のお話と言うことでオープニングでの、

核戦争後の未来、荒廃した世界の新たな支配者は女族“アマゾネス”だった
SEXは禁止され男は奴隷となり、生殖のためだけの道具となった

と言うか、時代背景の説明イントロダクションには友松監督のあの5部作の「レイプゾンビ」からの映像を使用されていましたね
「レイプゾンビ」5作品はレンタルで視聴したのですが
紀伊国屋書店フォレストではアルバトロスの旧作は1本税込み1Kで販売されてて
この間に5本全部そろえたし
と言うことで”ゾンビ”を”アマゾネス”に変えての友松ワールド全開のエロチックOV
存分に楽しませてもらいましたがな

主演は「KINBAKU~月の章~」につづいて真木今日子さん
顔も体もどっちかというとバタくさいお方
AVには疎いけども顔立ちが若い頃の江波杏子さんに似てらっしゃる
もうどこで見かけても忘れないだろう
って共演の青山真希さんは、顔は何となく覚えていましたが
結構OVで見てるのにお名前はエンドクレジット見るまで思い出せなかったもんなぁ(焦った

アマゾンシティでアマゾン親衛隊と女テトリスト軍団との戦いに生き残っている男たちの三つ巴の戦いなんですねぇ
時代的に男は女たちの隷属物と化していて、種の保存のためだけに精子だけを必要とされ
捕らえられた男は生きたまま陰嚢のみを切り取られ、死体は食料にされているんですね
ある意味カニバリズムまで映画のプロットに・・・実に欲張った映画

相変わらずの梗概見てないから画面を見てて、アマゾネス軍団って衣装から言っても範田紗々のテトリスト集団かと思っていたけど
アマゾンシティの親衛隊の方だったようですね
そんな彼女たちが守ってる女たちの町が"アマゾンシティ"でもって"女尊"と書いて"アマゾン"だったのね
気づいた時にはちょっと感動したし

精子を人工的に受精して種の保存を図ってるために
親衛隊を始め、テロリストの兵士たちが全員処女って言うのも目から鱗でした

そんな中でいくら種の保存を合理化するために呼ばれた今日子先生が夫婦と言うことで
旦那さんの生チ○ポに群がり貪る女たちの姿にこのOVのテーマが集約されていたような
青山青山真希さんの演技で持っていたOVでもあったような
若林美保さんが儲け役過ぎるだろう

2017年製作、日本OV、ニューセンチュリー作品
友松直之脚本・監督作品
出演:真木今日子、朝霧涼、範田紗々、青山真希、若林美保、川崎紀里恵、山村茜、雨宮留菜、葵マリー、希美子
コメント