私が死んだあとであなたが読む物語

基本的には「過食症患者の闘病記」、と言っていいでしょう。

危険な小休止

2019年08月10日 09時10分18秒 | 過食症

通常状態125日目。

昨日でとりあず一旦アルバイトが終わりました。

お盆に入りますからね。

お盆明けにまた6日間ほど出勤します。

それまでしばしのお休み。

 

一日のうちに波がある。

やっぱり朝の通勤のときは過食衝動が疼く。

電車に揺られながら過食したい感覚と戦っている。

本来なら、社会の一員となって出勤している自分に張り合いを感じるところなのに。

どうも今から行く職場から逃げ出したい気持ちになる。

今の職場は決して嫌な場所ではなく、たしかに肉体的にはつらいけど、でも私にとっては恵まれた環境のはず。

それなのに逃げ出したいだなんて、どの口が言うんだって感じです。

 

いつも職場には、自前のお弁当を持って行ってます。

お弁当というほど大層なものではないんですが、中身はご飯とおかかと目玉焼きです。

以前、卵を切らしているのに買い物に行くのをすっかり忘れ、いつものお弁当を用意できなかったということがありました。

そのときは急遽仕方なく、ストックしていたサバ缶を持って行って代用しました。

こんなミスは二度としないぞと誓ったのに、一昨日また買い物に行くのを忘れてしまった。

これも年のせいでしょうか。

それで昨日はいつものお弁当を用意することができず、マイプロテインのプロテインブラウニーを持って行くことにしました。

去年買ったまま一個も手をつけずにいた商品に、ようやく手を出すことに。

これがめちゃくちゃ美味しい。

普通にしっとりとしたクッキーです。

こんなおやつを食べてしまったら、このまま過食衝動が暴走しそうなもんですが、至って冷静に食することができました。

やっぱりカロリーや栄養成分が把握できているからでしょうか。

なによりその栄養成分自体も高タンパクで決して過食用の内容じゃない。

だから安心していられる。

規定内の食事行動。

 

帰宅後、今日こそは忘れず卵を買いにスーパーへ。

そこで菓子パンやらお菓子やらの売り場に行くと、やはり少し心に過食の風が吹く。

でもお金がもったいないっていう感覚もある。

本当に過食の嵐に吹かれているときは、そんなのも吹っ飛ぶから、やはり多少の冷静さはある。

なんといってもお盆明けにまたバイトが待っている。

でもそれまで一週間以上の期間がある。

過食しようと思えばできなくもない。

だから、この小休止を少し危うく感じていた。

来週の水曜日には実家に帰ります。

兄がまたBQQをやるだろう。

そのときも危険だ。

またお盆明けの勤務が終われば、その後はもうバイトも完全に無くなる。

自由に過食ができる状況になる。

そこからが本番かもしれない。

まだまだ戦いは続く。

一度過食状態に堕ちてそこから復帰するといつも、過食と戦いたい、再戦したいって思う。

いまそれができているんだ。

あの後悔している自分が見据えている未来に今立ってるんだ。

貴重な時間を過ごしているんだ。


コメント   この記事についてブログを書く
« 揺らぐ安定 | トップ | 忍耐 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

過食症」カテゴリの最新記事