わすれな草

日々心にとめたことをを31音の短歌で表してみたいと思います。一生に一度しかない今日の私を忘れないために・・・

2017-07-27 21:32:45 | Weblog

   

        うつかりと床に零せし米粒を八十八手間思ひて拾ふ

        拾ひたる幾十粒の米光る今も地球に飢うる人あり

 明日のお米を洗おうとしてついお米をこぼしてしまいました、2,30粒ほどでししたがもったいないと思い拾いました。米になるまでには大変な手間がかかるところから、米という文字は八と十と八の文字が組み合わされて出来ていると母から聞いたことを思い出しました。飽食のこの時代にあって、捨てられる食物も多い一方で、今も地球のどこかで飢えに苦しむ人々も存在する矛盾をふと思いました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お洒落なネックレス | トップ | 原爆の絵 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事