日々是ぶった切り~非モテ男のせつなさみだれうち!

非モテ男、駄文のせつなさみだれうちにより「風俗国家化」への抵抗を試みる。

非モテ男、地域社会での受け入れを求む③妨害編

2019年08月21日 | 非モテ

前記事で、非モテ男を活躍させるには「趣味人たる爺さん」が必要だと述べた。

しかしながら、この趣味人たる爺さんを育てるのは結構長い年月がかかる。

そして、その趣味人たる爺さんを育てられなくするようにけしかけている連中がいる。

その一例として「ガンプラを捨てる妻」という人種がおり、テレビ東京にて平然とそのような番組が放映されていた。

非モテ男の力を理解できる、趣味人たる爺さんは間違いなく「ガンプラを作り続ける」のと同じような何らかのコレクター的な要素を持っている。

その価値は少なくとも直接的には99%の国民にとって、ただで譲り受けたら速攻捨てるようなものである。

このガンプラを捨てる妻という人種は、将来的に趣味人たる爺さんを育たなくすることで、非モテ男をエンパワーメントする能力が地域社会から消えていくという犠牲と引き換えに、ごくごくちっぽけな自分の欲望である「夫に「家庭最優先・そのためにすべてを犠牲にするのは当たり前」という教育を施すことで支配する。」という支配欲を満たすのである。

そしてそれは、趣味人たる爺さんの後継者を失わせ、非モテ男を地域社会から遠ざけ、そして当該夫の人権を奪う行為なのである。

さらに厄介なのは、このような番組をプロデュースできたことにある背景に、「ジジイフェミニスト」という、フェミニズムに隷従して更なる弱者をたたいて忠誠を尽くそうという愚か極まりない男どもがいる。

そうでなければこのような暴虐な行為が公共の電波で放送されることはありえない。

すなわち、「ガンプラを平気で捨てる妻」を平然と推進する連中はそれこそ悪であり、人類を衰退させるための連中であるからして、徹底的に撲滅されなければならないのである。


コメント   この記事についてブログを書く
« 非モテ男、地域社会での受け... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿