菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

仮説実験授業は高校教育に有効か(2)

2019年01月13日 20時47分31秒 | 仮説関連
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仮説実験授業を知らない方のために、簡単な説明を書いておきます
 
仮説実験授業とは何か

 基本的な考え方
1.仮説実験授業とは、科学上の最も基本的な概念や原理、原則を教えることを意図した授業である。
2.科学的認識は、対象に対して目的意識的に問いかけるとい意味に「実験を通してのみ成立する。
3.科学的な認識は社会的認識である。

授業成功・失敗の基本的基準
1.クラスの過半数の生徒たちがこの授業をおもしろい、楽しいということ。
少なくとも「つまんない」「いやだ」という生徒が例外的にしかいないこと。
2.生徒たちの圧倒的多数が、この授業がわかるということ。
3.先生がこれをやってみたいと思うほどの楽しさ、おもしろさがあること。

具体的なやり方
 問題を書いたプリントをそのつど配り、予想に手をあげてもらい、意見を言い合い、その後、実験により、正解を確認する。そして、次に進む。
 (仮説実験授業のABCより)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
2.笠間高校で授業にかけた受業書の生徒の評価と感想 (略)

3.高校での実践上での問題点

 以上の実践報告に見られるように、どの受業書にも生徒の評価は、3以上が80%を占めています。高校で、仮説実験授業が有効であることは、この事実一つでも証明されていると思いが、実施する上で、小・中学校では見られない、いくつかの問題点も見られるので箇条書きに書いてみます。

★小・中学校の実践では、予想をとったあとに、意見を言ってもらい、それに基づいて討論するとの報告が大部分をしめています。私が、1980年代に「力と運動」を実践したとき、討論が全くなかったため、この実践は失敗であると思い、仮説からいったん退却しました。しかし、全国の高校の実践では、討論はほとんどおきていないという報告がされています。討論はおきなくとも、生徒はこの授業を歓迎しているのです。

★小・中学校での「正答主義」が貫徹しているため、間違えた意見(答え)を言ってはいけない。また、笑われるとの習慣がしみついていて、予想に手をあげるのにも躊躇があります。しかし、なれてくれば、その懸念は払拭されます。

★教科書にそって授業をやり、黒板の文字をノートに写すのが勉強だという習慣が身につきすぎていて、まじめな生徒ほど、はじめだけではあるが、仮説実験授業に抵抗を示します。

 (つづく)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 新春キャラバン9日目 青木... | トップ | 仮説実験授業は高校教育に有... »
最近の画像もっと見る

仮説関連」カテゴリの最新記事