天空のホメオパシー

ホメオパスがより天に近い場所で暮らし始めました。手を伸ばせば満天の星。レメディに乗り静謐な夜空を駆け巡ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春になると困ることもあります

2018-04-16 17:39:28 | 季節
春になると生命体は一挙に活発になる
春の目覚めが大切なことは言うまでもないが、
冬中じっとしていた体内の機能も一挙に活発になる

ワクワクするだけならいいが、
ともすると自立神経のバランスが崩れがちになる

循環器系では肝臓の働きが乱れ始め、動悸や息切れもおきるし、
脳神経系では過剰に眠かったり、せかせかした思考形態もでてくる
筋骨格系がきしんだり、あちこちの関節の痛みもでてくる

木の芽時。。。

もともと神経が細く過敏な人たちには、春がとてもつらい

上手に乗り切って体を暖かさに慣らさないといけない

経験の少ない若い人たちは、体をコントロールできなくて、
あれこれ出て来る不調にたじろいだり、過剰に反応したり、不安で身の置き所が無くなったりもする

こんな時に、自分の根本体質レメディを知っておくと、とても助かる
どんな不調にもうまく対応してくれる
あのうっとおしい花粉症にもうまく対応してくれる

ホメオパシーは私たちの生活にとても貢献してくれるツールだ


クラシカルホメオパシー/SAHHO


コメント