続・浜田節子の記録

書いておくべきことをひたすら書いていく小さなわたしの記録。

『城』2640。

2017-05-17 06:16:36 | カフカ覚書

それは、まったく絶望的でした。すこし熱にうなされて、うわ言を言っていました。ちょうどま上のベルトゥフの畑のところに馬車がとまった、お役人がひとり降りてきて、柵のあたりにわしの姿をさがしている、それから、頭をふって腹だたしげに馬車のなかへもどっていくー


☆荒涼たる物でした。復讐の熱に浮かされたと思いました。ベルトゥフについて考えてみると、終わり(死)がおりてくると、父(宿命)は小舟にゲットーをくまなく探しました。頭を横に振りながら(否定)、立腹し、再び熟慮しはじめたのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっと寒いナ。 | トップ | 『水仙月の四日』39。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カフカ覚書」カテゴリの最新記事